【共感されるためにできること】初心者でも文章力を高めることができるコツ

文章力を高めるための具体的なコツを見ていきましょう。

細かいところにも突っ込んでいますが、全ては読み手の読み易さ、さらに共感してもらるような文章につなげるためです。

しっかりマスターしていきたいところです。

文章力を高めるコツ

◇文章力を高めるコツ①:冒頭が肝心!

文章力を最も試される瞬間が、ずばり「冒頭」です。ブログやメルマガでは『読者が、離脱する』と言い表しますが、最初の一行で興味が持てなければ、読者は容赦なく去ってしまいます。

例えば、あなたが街中を歩いていて、ストリートミュージシャンなどと遭遇した際、聴き始めが良くないと立ち止まることは決してないと思います。

逆に考えると、冒頭さえ良ければ、かなり高い確率で読者は最後まで読んでくれます。

なぜなら、あなたの文章が、冒頭で読者の興味をしっかり惹きつけることに成功したからです。読者は、掻き立てられた興味心を満たせるまで読まざる得ない気持ちにさせられたので、最後まで読まなきゃいけな胃と思ってしまうのです。

このような読者の興味を惹きつける「冒頭」を書くのは、そう簡単ではありませんが、普段からニュースやWebサイトの記事、本や雑誌など、身近にある文章の冒頭を見て研究することが最も効果的で効率的な方法です。

また、あなた自身が興味を惹かれた冒頭についても、「どうして自分はこの冒頭に惹かれたんだろう?」と自己分析することも大きく役に立ちます。

そして、その理由が分かれば、同様な冒頭の文章を、あなたに似ているターゲットに向けて書いてみましょう。

◇文章力を高めるコツ②:文章構成に気を使う

文章構成は、文章力を大きく左右する要素の一つです。あなたも読み手の立場になればすぐにわかると思いますが、構成が下手な文章ほど、理解し難いものはありません。

ようは、文章構成がしっかりできている文章は、読むことに集中せずに、“読みながら書き手の意図を考える”ことに集中できるメリットがあります。

例えば、ある商品を紹介するときでも構成がとても重要です。

まずは、商品のターゲットが持つ悩みに触れ(オープニング)、その商品がターゲットにどんなメリットや効果をもたらすかを明確に伝えます(メッセージ)。その後、その理由を確固たる証拠や事実に基づいて説明し、改めてその商品の良さを伝えます(証拠や事実)。最後に、ターゲットへ購入を促す文章を書きます。(クロージング)

このような流れは、文章を書くときのみならず、プレゼンなどの話すときにも守られているルールです。

もっと身近なところでは、小説や映画、ドラマのストーリーでよく用いられるのが「起承転結」です。このような構成を利用することで、相手を退屈にさせない効果もあります。どちらにしろ、きちんとしたクロージングや結び(話の着地点)があり、それに向かう道のりがあることがとても大事です。

このあたりをしっかり考えて書いていきましょう。

◇文章力を高めるコツ③:「てにをは」を使い分ける

文章を書くにあたって気をつける基本的な文法ルールです。

良く知られているので、聞いたことがある人がほとんどだと思います。

改めて説明すると、「てにをは」とは助詞のことを指しています。

例えば、

「サッカーは好きだ」と「サッカーが好きだ」

「彼は武田選手です」と「彼が武田選手です」

「このポジションはいい」と「このポジションがいい」

など、“は”と“が”のたった一文字の助詞が異なるだけで文章の表現が変わってしまいます。

この助詞を使い分けることで、相手いに正確に伝える力が養われます。

日本語の面白みにも気づかされる興味深いコツでもありますね。

文章を書くことで興味の対象が増えると、文章を書くことが楽しくなります。作業や訓練に飽きないように、このような小さい楽しみも拾っていくことをオススメします。

◇文章力を高めるコツ④:主語と述語のねじれに注意する

続いても文法ルールについてです。・・・こんな風に「文章力を上げるぞっ!」という

目標があれば、もっと国語の授業も楽しく受けられたんでしょうね・・・・笑

プロのライターでさえもよく間違えてしまうのが、この「主語と述語のねじれ」です。

例えば、

「僕の今晩の予定は、夕食のカレーを作ります」

・・・違和感ありますよね。正しく書くとこうなります。

「僕の今晩の予定は、夕食のカレーを作ることです。」

このように、主語に対して術後が正しく対応していないことを「主語と術後がねじれている」と言います。

例文を読んで違和感を覚えたように、このような間違った表現があると、読み手は

、あなたの文章を読みながら違和感を覚えてしまい、「これは理解しにくい文章だな」と思ってしまいます。

そんな文章を書かないためにも、しっかり書いた文章を確認するようにしましょう。

◇文章力を高めるコツ⑤:読み手を意識した言葉にする

文章を書くときに心がけたいには、「読み手のレベルや雰囲気に合わせて文章を書く」ということです。

レベルを合わせるとは、

例えば、株投資を始めたいと思い本屋に行ったとします。いきなり難しいよん文字熟語みたいな専門用語ばかりが並んでいる本を見ても、少しも理解できません。初心者には、初心者のレベルにあった言葉や表現をしている本があるはずです。「小学生でも分かる株投資入門」みたいなね。

文章を書くときも同じように気遣いを忘れないようにしましょう。一方で、知識がある人に対して、あまりにも簡単な表現で回りくどい書き方をするのも良くありませんので、きちんとあなたの文章のターゲットを見据えた言葉選びが必要になります。

また雰囲気に合わせるとは、

例えば、友達に送る手紙ではカジュアルな文章が並ぶと思いますが、上司や取引先ではカジュアルな文章は不適切ですよね。

これと同じで、これもまたあなたの文章のターゲットやシチュエーションに合わせた言葉選びをしましょう。

言葉を選ぶことで、あなたが欲しい雰囲気づくりができることも合わせて知っておくといいと思います。

◇文章力を高めるコツ⑥:読点の位置に注意する

文章力を高めることは、読み手の読みやすさを意識することが大切です。そこで意識したいのが、読点の位置です。読みやすい文章には、常に適切な位置に読点が入っています。

例えば、下の文章があります。

「僕は急いで走り去る人に声をかけた」

この文章では、「急いで」いたのは「僕」なのか「走り去る人」なのか定かではありません。これでは誤解を招く文章になってしまいます。

適切な位置に当店を入れることで、あなたの伝えたい性格な内容になります。

「僕は、急いで走り去る人に声をかけた」(急いでいる人=走り去るひと)

「僕は急いで、走り去る人に声をかけた」(急いでいる人=僕)

これも日本語の面白い点でもありますね。しっかり文章を確認して、曖昧な表現になっていれば適切なものに修正するようにしましょう。

◇文章力を高めるコツ⑦:一文に言いたいことは1つのみ

さてある程度文章を書けるようになってくると、新しい失敗がでてきます。

その最も良くある失敗が「欲張りな文章」です。

文章力を高める上で覚えておきたいテクニックが「一文一義」のルールです。

これはつまりは、

「一つの文章には、一つの意味しか含ませない」ということです。

例えば、このような文章があったとします。

「駅に行くには、この道をまっすぐ進み、コンビニが見えたら左に曲がり、次の信号を左へ、5分ほどまっすぐ歩いたら、右手に駅の入り口があります。」

これを「一文一義」のルールに従って書き直してみます。

「駅に行く道のりを説明します。まずこの道をまっすぐ進みます。するとコンビニが見えます。そこを左に曲がります。そして、次の信号を左に曲がります。最後に5分ほどまっすぐ歩きます。右手に駅の入り口があります。」

このように長文で多くのことを盛り込むよりも、短い文に分けたほうが文章は理解しやすくなります。これが「一文一義」です。

◇文章力を高めるコツ⑧:絞った文章を心がける

語彙を多くしようと気持ちからか、ときに重複した表現をしてしまいます。

余計な言葉が増えれば、必然的に読み手の理解を阻んでしまいます。

例えば、

「Aさんという人間は、とても難しい人です」

という文章は、シンプルに「Aさんは難しいです。」でも伝わります。

場合にもよりますが、シンプルな文章と凝った文章を使い分ける工夫をしましょう。

◇文章力を高めるコツ⑨:統一感のある表現の文章にする

読みやすい文章は、表現が統一されています。

例えば、文章には「です・ます」調と、「だ・である」調があります。この表現を混ぜてしまうと文章のリズムが崩れてしまい、とても読みにくく、違和感のある文章になってしまいます。

このレポートでは、「です・ます」調で統一しています。

◇文章力を高めるコツ⑩:「こそあど」を減らす

「こそあど」言葉と呼ばれる指示語は、文章中では頻繁に使わないようにしましょう。なぜならば、指示語は読み手に「あれ」ってどのことだっけ?と余計な考えをさせてしまいます。最悪、読み返す必要もでてしまいます。そうなると、もちろん読み手にとっては余計な時間がかかってしまいます。

これでは、とても読みやすい文章力のある文章とは言えません。

限られた時間の中でより多くの情報を、より正確に伝えるためにも、指示語は使わずきちんとした名詞を使う方が賢明です。

◇文章力を高めるコツ⑪:漢字の重複に気をつける

たまに見かけて恥ずかしくなるのが、「頭痛が痛い」や「家に帰宅する」など、同じような意味の言葉を重ねて使う「二重表現」です。

このような言葉には気をつけましょう。

このようなミスは、小学生でも指摘できそうなレベルであり、場合によっては書き手の信頼を損なう場合もあります。

文章力を高めようと努力しているのに、とても勿体無いことですよね。

◇文章力を高めるコツ⑫:難度の高い漢字は使わない

文章表現のレベルを読み手に合わせるコツがありましたが、これも似たコツです。

文章を書く際、パソコンやスマフォを使うことがほとんどだと思います。すると、普段は絶対書かないような難しい漢字も簡単に使うことができます。

例えば、「薔薇」「檸檬」「西瓜」などです。

また、接続詞でも「若しくは」「然し」などがあります。

これらの言葉は、わざと漢字に変換せずにひらがなのままの方が読み手にとっても理解しやすいです。それに、ひらがなは、文章に独特の優しい印象を与えてくれます。

それぞれの言葉の良さをうまく使い分けましょう。

◇文章力を高めるコツ⑬:例え話を使う

例え話を使う方法は、よく多用します。例え話を用いることによって、読み手に簡単に理解してもらうことができます。

ただし、例え話をする際に注意したい点がひとつあります。

それは、「誰もが想像しやすい例え話を使うこと」です。

例えば、スポーツの経験を使った例え話をしたいときに、一般的に人気のスポーツ、野球やサッカー、を引き手にだすのはOKです。しかし、誰もやったことがないようなマイナーなスポーツを例え話に使っても、読み手の多くは連想できないでしょう。

例え話は、あくまでも話を分かりやすく、もしくは興味をもってくれるためのツールです。そのため、誰にでも分かりやすい話をするよう心がけましょう。

◇文章力を高めるコツ⑭:数字を使う

より印象に残る文章を書くコツとして、数字を使う方法があります。

例えば、

「僕のブログには、毎日たくさんの人がアクセスします!」

「僕のブログには、毎日30万人がアクセスします!」

では、文章の与えるインパクトに差が出ます。

もちろん具体的な数字を使った方が、パンチがあり読み手の印象にもより残ることでしょう。

◇文章力を高めるコツ⑮:相手の感情に訴える

今回のレポートで最後のコツは、このレポートのテーマにもなっている「相手の感情に訴える」です。

このレポートのテーマでは「共感する」ことを主に取り上げていますが、相手の感情を動かせる文章を書くことができれば、最高です。

そのためには魅力のある文章を書くことを心がけましょう。

例えば、感情を動かすためにより具体的で臨場感のある文章を書く方法があります。

それは、読み手の五感(視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚)を意識することです。

特に分かりやすい例は、レストランやカフェなどに行った時によくやる食レポを書く場合です。

新しくオープンしたカフェの料理を食べ、料理の見た目(視覚)、料理の香り(嗅覚)、料理を作る音(聴覚)、料理の食感(触覚)、そして料理の味(味覚)と、五感すべてを伝えることができれば、読み手はあたかもその場にいるようなイメージを持つことでしょう。そうすれば、そのカフェに行きたくなること間違いなしです。

このように読み手の五感を刺激し、読み手の感情に訴える文章を書けるようになりましょう。

文章力がない人の特徴と対策方法

ところで、これまで文章力の鍛え方や向上方法についてお話ししてきましたが・・・・

「文章力のない人」とは、いったいどんな人のことを言うかイメージできますか?

もちろん、第2章と第3章で紹介してきたスキルや考え方をできていない人のことを指すと言ってもいいのですが、これをもっとシンプルにいいまとめて見ました。

「文章力のない人」とは・・・・

  1.語彙力が足りない人

  2.順を整理して書けない人

  3.伝えたいテーマや結論が決まっていない人

です。

1.語彙力が足りない人

文章力がない人の特徴の代表的な原因が、この「語彙力が少ない」ということです。

文章で相手に向けて、自分が考えていることを伝えるためには、語彙力を持って、柔軟に表現できたほうが、間違いなく相手に伝わりやすくなります。

例えば、ある新人歌手の歌を聴いた感想をブログに書いたとします。

語彙力のある人の場合、「彼の声は、聴いていて虜になるような力を持っている。声域は広く、低音から高音までしっかりした歌声で、非常にバリエーション豊かな声を聴かせてくれる。また歌を歌っている時の彼の表情は活き活きとしており、観ている人を釘付けにしてしまう。」という風に書くことができます。しかし、語彙力がない人だと、たった一言「とっても魅力的だった!」で終わってしまいます。

これでは、あなたが本当に伝えたいことを読み手に伝えることは到底できませんし、ほかにも同じように言っている人が五万といることでしょう。

他の人とも差をだすためにも、語彙力をつけて、あなたらしい文章を書けるようになりましょう。

そのためには、やはり本を読むことをお勧めします。地道に語彙力を増やしましょう。

2.順を整理して書けない人

文章力のない人によくある特徴の1つに、途中のプロセスや理由をきちんと書かない人がいます。

会話においても同様ですが文章を書くときも、相手に自分が言いたいことを伝えるためには順を追って話すことが大切です。通常は、「AがあるからBとな理、BがあるからCとなり、最終的にDとなる」と言ったように順を追った書き方が必要です。しかし、文章力のない人は、ここで途中を飛ばして書いてしまう傾向があります。すると、読み手を混乱させてしまいかねず、何を言っているのか理解できなくなるのです。

つまりは常に読み手の立場を考え、読み手が何を知りたいのか、どうやったら読み手に理解してもらえるかというポイントを意識して、文章を組み立てることが文章力をあげるコツです。

3.伝えたいテーマや結論が決まっていない人

文章力のある人の場合、その人の文章を読み終わった後、読み手には「納得感」が残ります。しかし、文章力のない人の場合にはこの「納得感」がありません。その原因は、文章の中で「つまり、何を言わんとするか」というテーマと結論を読み手が見えないからです。文章を書くあなたは、何について書いているかは頭の中で分かっています。そのため、どんなテーマと結論があるのかは理解できると思ってしまします。ただし、読み手は全く情報のないゼロの状態からあなたの文章を読むわけです。もしあなたの文章が、思っていることを連ねただけで終わっていたら、読み手は「この話はいったい何について書かれていたんだろう?」と困惑してしまいます。

それを避けるためにも、書く前に必ず「テーマ:何について書くか」と「結論:話の着地点をどこにするか」を先に決めるようにしましょう。そうすることで書き手も読み手も、双方に理解しやすい文章になることでしょう。

まとめ

文章を書くことは、誰もができる簡単なことです。ただし、みんなが売れる文章を書けるのかと言えば、そうではありません。

でも・・・書けないならば、書けるようになるためには、どうしたらいいでしょうか?

それは、今回話したようにコツコツ地道に文章力を鍛えることです。

日々の精進あっての結果です。

特に文章力については、数をこなして相手が何を求めているかを常に意識しましょう。

 

今回の記事で分からないことがあれば遠慮なく、お問い合わせください。

また実際に実践してこそ意味があります!

今回の内容を1つでも多くやってみてくださいね。

 

 

このブログ以外にも、ながらせどりの情報をメルマガにて配信しています。

メルマガの登録は、下のボタンよりできるので、ぜひお願いします!

どうぞよろしくお願いします。


ただ今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!




自由な人生へグッ!と近づくこと間違いなし!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください