EWWW Image Optimizer:ブログの画像を最適化して、読者のストレスを減らそう!WordPressオススメプラグイン

こんにちは。 今日も自分の時間を確保してますねっ!

時間とお金の自由を得て、あなたの思い描く未来へ一歩近づきましょう。

今回紹介するWordPressのプラグインは、ブログ記事に使用する画像を最適化できる機能を持っています。

画像を最適化する機能が、どんなメリットをもたらすかと言うと、最も分かりやすい所では、ブログ記事を読み込むスピードが早くなります。

と言うことは、毎回読んでくれている読者のローディングを待つ時間を短くできるんです。

この時間は、読者にとっては無駄な時間以外の何者でもないため、1秒でも短くするのはブログ作成者の義務ですよね。

 

そこでEWWW Image Optimizer(EWWWイメージ・オプティマイザー)を利用しましょう!

最近のブログで画像を扱わない記事は少ないと思いまし、非常に役立つプラグインなので活用しましょう。

EWWWイメージ・オプティマイザーとは

このプラグインの機能は、画像の最適化および画像内の余分なデータを削除して、画像ファイルの容量を軽量化できます。

画像の圧縮レベルは管理画面で設定できます。画像ファイルの最適化は個別処理と一括処理の両方に対応しています。

このプラグインのメリット

  • ブログの画像ファイルを最適化し、画像ファイルの容量を軽量化できる。
  • 画像ファイルをメディアライブラリにアップロードすると自動的に変換処理が実行される。既にアップロード済みの画像ファイルに対しては、個別処理または一括処理で画像最適化ができる。
  • 画像の最適化処理が早い。
  • 画像の圧縮レベルは管理画面で設定できる。
  • JPEG写真のデータ内のExifとコメントを自動除去する機能がある。※1
  • 高度な機能は有料で提供されています。有料のAPIキーを購入すると高度な機能を利用できるようになります。
  • 管理画面が日本語化されているのでわかりやすい。

便利な機能

最近のデジタルカメラやスマホで撮影した写真には、Exif(イグジフ)とコメントが含まれています。このプラグインには、これらExifとコメントを自動除去する機能があります。

これは、画像ファイルの容量を軽量化できる観点からも、あなたの個人情報を守る観点からも、とても便利な機能です。

Exif(イグジフ)を知らないあなたへ

意外に気づいていない人が多いのですが、スマホで撮影した写真には、画像データだけではなく撮影時の情報を持っています。
例えば、撮影日時、機種情報、GPS座標データなどです。
GPS座標データからは、どこで撮影したのかが分かります。個人的に写真データを整理するには便利ですが、ブログに掲載する際は、必要ないデータですよね。
個人情報保護の観点から考えた場合、削除すべきですね。

さてそんな便利なプラグインのインストール方法を紹介します。

ぜひ、皆さんも一緒にやってみてくださいね。

プラグインのインストール方法

EWWWイメージ・オプティマイザーの導入方法は、他のプラグインと同様、とても簡単です。

「プラグイン」→「新規追加」でダウンロードページを開きます。

検索バーへ「EWWW Image Optimizer」を記入し検索します。

すると下記のようなプラグインが表示されます。

ではインストールし、有効化までしましょう。

プラグインの設定

さてインストールができたら、管理画面で基本設定を確認しましょう。

管理画面は、ダッシュボードの「設定」→「EWWW Image Optimizer」です。

基本画面では、下記画像の通り、「メタデータを削除」にチェックが入っていることを確認しましょう。

チェックを入れることで、先ほど説明した画像の撮影情報(Exifやコメント)を自動除去する機能が有効になります。

また、画像圧縮の有無と対象を選択します。

「ロスレス圧縮」とは、画質を保ちつつ、画像ファイルの容量だけを圧縮する方法です。

他にもタグがたくさんありますが、初期設定のままでも利用するのに不都合はないので、そのまま使ってみましょう。

必要に応じて、変更してみてください。

過去の記事を一括最適化する

プラグインを初めから導入していればいいのですが、僕みたいに途中で導入した方には、「一括最適化」を行うことをオススメします。

あなたのメディアライブラリにある画像を、一度に最適化をすることができる便利な機能です。

それでは、その手順をご紹介します。

一括最適化の実行画面

下記の画像の通り、ダッシュボードの「メディア」→「一括最適化」を選びます。

最適化のスキャン

画面が表示されたら「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックすることで、あなたのメディアライブラリにある最適化されていない画像をスキャンし始めます。

最適化の実行

スキャンが完了すると、下記の画像のように最適化されていない画像があった場合は、最適化の準備をします。

準備が完了したら「最適化を開始」をクリックし、最適化を実行します。

最適化が始まると、下のようにメーターが表示され、最適化の実行状況を目で見て確認できます。

しばらくすると最適化が完了します。

まとめ

EWWW Image Optimizer(EWWWイメージ・オプティマイザー)は、画像の最適化および画像内の余分なデータを削除して、画像ファイルの容量を軽量化できます。

最適化することで、読者にとってはページの読み込み速度が早くなるため、待つストレスがなくなり読みやすいものになります。

特に写真を多く扱うブログの人は、とても役に立つプラグインですので、ぜひ活用してください

 

もし今回の記事や僕のブログに興味があるあなたは、メルマガも発行していますので、お気軽に登録してください。

アフィリエイトを始め、忙しい会社員でも作業する時間を確保する秘訣などから、よりよい生活ができるように有益な情報を発信しています。

メルマガの登録は、下のボタンよりお願いします!


只今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください