【FTPソフト】簡単に動画を他の人と共有する方法。FileZillaを使うとアップロードも、ネットからアクセスも超簡単!

こんにちは。 今日も自分の時間を確保してますねっ!

時間とお金の自由を得て、あなたの思い描く未来へ一歩近づきましょう。

 

最近はスマホのカメラの質が格段に向上しており、スマホで撮影した動画も長くなってしまうと、すぐに4GBなど大容量になってしまいますよね。それを友達と共有しようと思ってもなかなか大変です。

 

先日、知人と神戸の人工サーフィン施設(神戸レイーズ)へ行き、セッション動画を撮影しました。iPhoneで撮ったんですが、シェアする時間がなくて自宅に帰って共有することになってしまいました。

 

そんな時に便利なのが、サーバーにFileZillaで動画をアップロードして、そのURLを知人に教えると言う方法です。

やってみると簡単にできるんですが、なかなか初めての人には難しく感じるかもしれません。

そこで、僕が実践した様子を踏まえながら、その方法をご紹介したいと思います。

 

この方法は、ネットビジネスをしていて自分のブログをエックスサーバーで運営している方には非常にオススメの方法です!ファイルの共有ができるので、例えば写真や自作レポートなどのPDFファイルなんかも簡単にアップロード&共有ができますよ♪

動画や写真などを共有するのに便利!

今回ご紹介する方法は、こんな時に便利です!

  1. 友達と出かけた際の長時間動画や大量の写真などの大容量データのファイル共有
  2. 自分で作ったネットビジネス系のレポートの配布
  3. 自己紹介動画などのアップロードおよび共有

プライベートからビジネスまで使える方法ですので、ぜひ活用してみてくださいね。初めては戸惑うこともありますが、一度方法を覚えちゃうと、チョチョイッ!とできますのでご安心くださいね。

 

FileZiilaに接続する

まずはFileZillaを開きましょう。

※FileZillaをまだ使ったことがない方は、下の記事を参考にしてくださいね。

MacでレンタルサーバーにFTPソフトでログインする方法

2017年12月24日

FileZillaを使って、自分のサイトへ接続しましょう。

ホスト、ユーザー、パスワードを入れて「接続」します。

すると下のような画面が開かれます。

この画面は、左側は自分のパソコンのデータ、右側がサーバーのデータを表示しています。

そのため、友達と共有したいデータを、左から右へアップロードすると言うのが今回の作業です。

 

サーバーにアップロードする際の3つの注意点!

データをアップデートする際の3つの注意点があります。

  1. ファイルの名前は英数字のみを使用する
  2. ファイルは分かりやすいデスクトップに置いておく
  3. FileZillaのファイルをアップロードする場所:public_html

 

ファイルの名前は英数字のみを使用する

アップロードするデータのファイル名は、必ず半角英数字のみにします。

なぜなら、日本語を使用するとエラーの原因になるからです。

 

ファイルは分かりやすいデスクトップに置いておく

アップロードしたいファイルは分かりやすい場所へ準備しましょう。

僕はいつもデスクトップへファイルを置いてアップロードします。

これは単に作業の効率化の話なので、別にやらなくてもいいことです。

 

FileZillaのファイルをアップロードする場所:public_html

これが一番重要です。

サーバーにファイルをアップロードする場所は、エックスサーバーの場合は、必ずpiblic_htmlとします。
*サーバーによって異なるので、エックスサーバー以外の方はご注意ください。

場所は、後から画像付きで説明するので、まずは頭で覚えておきましょう。

 

【実践】サーバーにファイルをアップロードする

それでは早速FileZillaにファイルをアップロードしていきたいと思います。

説明用に用意した次のテスト用写真を使っていきたいと思います。

ファイル名 filezilla-share_test

今回の説明では写真を使用しますが、動画だったり、PDF形式のレポートなども同様の方法でアップロードできるので是非活用していきましょう。

ちなみに上の写真は、僕の行なっているネットビジネスのメンターと人口サーフィン施設へ行った時の画像です♪

 

まずは、準備としてアップロードしたいファイルの名前を半角英数字でつけておきましょう。

そして、FileZillaでサーバーに接続してpublic_htmlを開きます。

そして開いたpublic_htmlへアップロードしたいファイルを、デスクトップからドラッグ&ドロップで移動させます。

【注意】ファイル名は、必ず半角英数字で!

すると、下の画像のように任意のファイルがpublic_htmlにあるのが確認できます。

これでアップロードは完了です!めっちゃ簡単でしょ♪

 

共有するためにファイルのURLを確認しよう!

さぁ!これで既に写真は、サーバー上にアップロードされているので友達にも共有できます。

だけど・・・どうやって???僕もここで一度つまずいたんです。

つまずきポイント!

共有するにはURLが必要!

と言うことで、アップロードしたファイルのURLの確認方法について見ていきましょう。

確認方法は、簡単ですが、ワンクリックでURLチェックができないので、しっかりステップを確認くださいね。

以下の3つのステップに分けて説明します。

  1. アップロードしたサーバーでアドレスを確認する
  2. 上のアドレスの頭にhttps:/を追加し、末尾のpublic_htmlを削除する
  3. https:/を追加したアドレスの末尾にアップロードしたファイル名を追加する

さて1つずつ画像付きで説明しますね。

アップロードしたサーバーでアドレスを確認する

先ほどのFileZillaのサーバー画面上の上部の「リモートサイト」っていうアドレスをチェックします。

僕のこのブログ用サーバーの場合だと、上記アドレスになります。これを用います。

 

上のアドレスの頭にhttps:/を追加し、末尾のpublic_htmlを削除する

先ほど確認したアドレスに、https:/を追加し、末尾のpublic_htmlを削除します。

<変更前>

/maji-de-fukugyo.jp/public_html

<変更後>

http://maji-de-fukugyou.jp/

 

https:/を追加したアドレスの末尾にアップロードしたファイル名を追加する

ファイル名は、下の画像のようにFileZillaの画面上で右クリックすると「名前の変更」から簡単にコピーできます。

該当ファイル上で右クリックして「名前の変更」を選ぶ

 

全選択してコピーする(右クリックでコピーを選ぶor Ctrl + C)

 

コピーできたら、最後にファイル名をアドレスの末尾に追加すれば完了です!

http://maji-de-fukugyou.jp/filezilla-share_test.png

実際に下のアドレスをクリックしてみてください。

http://maji-de-fukugyo.jp/filezilla-share_test.png

サーバーにアップした下の画像が開いたと思います。

 

はじめは細かい作業があって大変そうに感じるかもしれませんが、慣れちゃえば簡単です。

それに、これを使えると容量が大きなデータの共有に使えるので、本当に便利ですよ。

相手には、さっきの最後のURLを教えるだけですしね♪

 

不要になったアップロードしたファイルの削除方法

便利な機能だからと言って、ファイルをアップロードしすぎるとサーバーも大変です。

そこで必要なくなったファイルの削除方法も紹介しておきます。・・・と言っても超簡単ですが。

FileZillanの不必要なファイルがあるサーバーのpublic_htmlを開いた状態で、

①不必要なファイルを選択し、②右クリックで「削除」を選びます。

これで削除OKです♪

注意1
削除する際に、絶対に自分でアップしたファイル以外を誤って消さないでください。ブログ自体が壊れて見れなくなる可能性があります。 
注意2
上記のようにアップしていたファイルを削除すると、すぐに見れなくなります。そのため友達やブログ、メルマガなどで共有していたURLもすぐに使えなくなるので注意しましょう。 

 

まとめ

さて今回は、

  1. 友達などと動画や写真を共有する簡単な方法
  2. 共有するためのサーバーへファイルをアップロードする方法

について紹介しました。

もちろんただ共有するだけではなくて、情報発信をしているとオリジナルレポートを配布する際にも、同じ方法を使いますので、しっかり覚えておくといいと思います。

ぜひ活用していきましょう!

 

このブログ以外にもメルマガを配信しています。

今回のような情報も配信しているので、よかったら登録お願いします。

メルマガの登録は、下のボタンよりお願いします!

どうぞよろしくお願いします。

 


ただ今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!




自由な人生へグッ!と近づくこと間違いなし!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください