【確定申告】e-Taxで確定申告!マイナンバーカードがなくてもe-Taxができる方法をご紹介します。

こんにちは。悟士(toshi@JPです。

悟士
今日も楽しくながらせどりをやっていきましょう♪

仕入れや商品の納品、そして売れた報告を受け取ったりするのは、とても楽しくやれているんですが・・・

恐怖の2月がやってきました。何が恐怖かというと、確定申告ですね。

しかも、今年からは青色での確定申告になります。

年末年始から少しずつ準備を始めていたんですが、実は重要なことを見落としていたことに今日の朝11時くらいに気付きました。

それが、e-Taxをしたくてもマイナンバーカードが無いのでできない、という事実でした。

でも、マイナンバーカードがなくてもできる抜け道があったんです。

せっかくなので、皆さんにご紹介しようと思います。

 

それでは『マイナンバーカードがなくてもe-TAXをやる方法』をご覧ください。

 

確定申告とは何?

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)額を計算し、申告期限までに税務署に確定申告書や必要書類を提出して、申告・納税する手続きのことです。

納税は国民の義務です。課税対象になる収入を得ている人が、適正な税金を納付するために、その金額を「確定」して「申告」する制度が、確定申告なのです。

どんな人が確定申告を必要なの?

ほとんどの人が会社に勤めて働いているため、一般的には会社によって納税されているので確定申告の心配はありません。但し、以下のような方々は、自分で確定申告をする必要がある場合があります。

  1. 自分で事業を持っている個人事業主(副業も含む)
  2. 不動産収入や株取引などの収入などがある人(会社員でも然り)
  3. 公的年金をもらっている人(年間収入額による)
  4. その他(災害減免法が適用されていて源泉徴収税の猶予を受けている人など)

ちなみに、僕の場合は、1と2に当てはまるかなって感じです。

詳しくはここでは説明しませんが、少しでも心当たりがある方は国税庁のホームページや税務署でご確認してみることをオススメします。案外親切・丁寧に教えてくださいますよ。*2月は忙しいと思いますが。。。

 

e-Taxって何?

さぁ、そんな確定申告ですが、実はオンラインでもできるサービスがあるの知ってましたか?

それが、e-Taxなんですね。

正式名称は、『国税電子申告・納税システム』と言うらしいです。

しかも、パソコンだけでなく、スマホからでも使えるから便利ですよね!!

下の画像は、実際の画面です。※スマホ版をパソコンで観た場合

 

e-Taxのメリットは『時短』!!

e-Taxのメリットは、時短の一言に尽きます!!

e-Taxを使えば、申告書等を電子データの形式でインターネットを通じて送信することができるので、わざわざ税務署へ提出しにいく手間も省けます。

また分からないことがあれば、事前に自宅から税務署へ電話で質問もできます。

そのため、e-Taxを使えば、自宅に居ながら、全てが完結するんです!

と言うことで、早速使っていきましょうよ!!

e-Taxのページへこちらから入ってみてください。

 

e-Taxに必要なもの2つある

さぁ、e-Taxのページ開けましたか?

こちらを開いていただくと、次のようなページにいきますね。

ここで、「確定申告書などを作成する」へ進みます。

そして、「NEW作成開始」をクリックして、e-Taxを始めていきましょう!!

・・・と思ったら、、、

3つの選択肢が・・・

  1. マイナンバーカード方式(e-Tax)
  2. ID・パスワード方式(e-Tax)
  3. 印刷して提出(e-Taxではない)

3つ目の印刷して提出は、従来からあるアナログな方法です。

ってことは、マイナンバーカードが必要ってことです。しかも、マイナンバーカードを読み取るための機械、カードリーダーも必要らしいです・・・

悟士
実は僕・・・マイナンバーカード持っていないんです。通知カードのみ。。。しかもカードリーダーなんてあるわけない・・・

と途方に暮れていたんです・・・

でも、ふとID・パスワードってなんだろうと思ったんです。。。

 

マイナンバーカードが無くてもe-Taxをやる方法:ID・パスワード方式

実は、マイナンバーカードやカードリーダーが無くてもe-Taxをできる方法があったんです。

それが【ID・パスワード方式】ってやつです。

やることは1つ、税務署へ行って、e-Tax用のIDとパスワードを取得すればOKなんです。

 

早速、税務署へ行ってきました!

受付で開口一番、

「e-TaxのID・パスワードの登録申請に来ました。」

と伝えました。

もう2月に入っているので、スタッフの方も忙しそうですから、シンプルに伝えて混乱させないようにしましょう。

すると、待ち時間3分くらいで、別室に連れていかれました。

備え付けのパソコンで、申請をすること5分程度。

なんと、その場で発行!!

下の画像のように、利用者識別番号とあるのがIDで、暗証番号がパスワードですね。

瞬殺でした。

拍子抜けするくらい、簡単に、しかも短時間で取得できました。

 

早速、ログインしてみました。

悟士
えっ!!?ログインできんやんっ!!!

と一瞬焦りましたが、よく読んでみると。

「該当する情報がありませんでした。『次へ』ボタンで申告書の作成を開始してください」

とありました(笑)

進んでみると、

といった具合に、無事e-Taxできそうです。

 

 

まとめ

はじめは『マイナンバーカード、持ってないなー!』って戸惑ったんですが、他の方法も比較的簡単にできそうなので、ホッと一安心です。

もちろん、今回の方法は、税務署へ一度いく必要がありますので、面倒な人は、カードリーダーを購入するのも1つの手ですが・・・

個人的には、他に使い道ってあるのかな?って思っちゃいます。年に1度、しかもいつ制度が変わって不要になるかもしれない代物を買うのも迷っちゃいますよね。

そんな時は、今回紹介した抜け道でもいいんじゃないかな。と思う今日この頃です。

 

このブログ以外にも、ながらせどりの情報をメルマガにて配信しています。

メルマガの登録は、下のボタンよりできるので、ぜひお願いします!

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

マイナンバーカード


只今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください