Table Of Contents Plus:ブログの目次は読者にとっては「記事の地図」!TOCで簡単目次作成!便利なWordPressプラグイン

こんにちは。 今日も自分の時間を確保してますねっ!

少しずつ「お金を生むスキル」を習得し、あなたの思い描く未来へ一歩近づきましょう。

さて、今回はブログなどでよく見かける目次を設置する方法を紹介します。

 

目次を利用することで、読者はどんな記事が書かれているのか、一目で把握しやすくなる効果が期待できます。

特にブログ初心者の方に目次を設置することを、オススメします。その理由は、記事の中でお伝えします。

WordPressには、目次を設置するための便利なプラグイン「Table of Contents Plus」があります。

このプラグインを使用することで、見出し用のHTMLを階層的に記述する必要がありますが、これも用意されたタグかた選択するだけなので、慣れれば非常に簡単です。

それでは、導入方法から使い方まで紹介していきますね!

もちろんこのブログでも、Table of Contents Plusを使って目次を表示しています。↓

目次の必要性って?

目次の存在って、実は賛否両論があるの知ってました?

悟士
目次は記事の内容がすぐ把握できるし、読みたい部分にジャンプできるし便利だよ!

とポジティブな人がいる一方で、

A子さん
目次があるとブログ のファーストビュー(第一印象)が損なわれて嫌だなー

という目次に対してネガティブな人もいます。

どちらの主張も間違っていはいません。

ただし、僕は、目次機能は書き手にとっても読み手にとっても、とても便利だと思うので設置しています。

読み手にとっては、「その記事で何を書いてあるかが、ひと目で分かること」「忙しい人には、本当に読みたい部分のみを読むことができる」ので、かなり便利だと思います。

ブログ初心者に目次がオススメな理由は?

ブログ初心者や文章を書くことに自身がない人には、目次を設置し、意識しながら書くことをオススメします。

その理由は、目次を意識することで、文章構成がしっかりしてくるからです。

文章を組み立てる際に、よく「起承転結を考える」とありますよね。

目次を設置しながら、起承転結を意識して文章を書いてみましょう。

 

また、ブログ記事を書く際は、「内容を考える時間」と「記事を書く時間」は分けるべきです。

「考える時間」の時に、全体像を見出しを使って先に考えます。そして、具体的な内容を考えます。

その時に、iPhoneのメモ機能をよく利用していますが、そこで見出しとなるものとその概要を作成します。

 

そうすることで、文章を書くことが苦手がちな初心者のあなたでも、楽にきちんとした文章構成の記事を作成できます。

そのため、目次設置をオススメします。

 

目次を設置するとても簡単ななプラグインが、Table Of Contents Plusです。

それでは導入方法を紹介します。

導入方法

Table Of Contents Plusは、記事内の見出しを利用し、自動的に目次を生成してくれる大変便利なプラグインです。

それでは、この導入方法を説明していきますね。

Table Of Contents Plusのインストール

「プラグイン」→「新規追加」でダウンロードページを開きます。

検索バーへ「Table Of Contents Plus」を記入し検索します。

すると下記のようなプラグインが表示されます。ではインストールし、有効化までしましょう。

*有効化を忘れる方がいます。忘れずに有効をクリックしましょう。

使用上の注意点

このプラグインを使用するには、記事の中でH1からH6まである見出しを自分で決めなければなりません。(HTMLタグを階層的に記述する必要がある。*)H1からH6のHTMLタグが無ければ、目次は作られないので注意しましょう。

また、見出し用のHTMLタグを階層的に記述していないと、目次がゴチャゴチャに作られるので気をつくてください。

「H1からH6までのHTMLタグを記述する*」と言いましたが、方法は非常に簡単です。記事作成画面には、専用の見出し1(H1)から見出し6(H6)の選択タグがあるので、任意の見出しを選択してやるだけでOKです。自分でHTMLコードを書いたりする必要はありません。

下の画像が、記事作成画面にある選択タグです。

目次の表示例

実際に目次の表示例を見ておきましょう。

見出しの階層は、プラグインの設定で変更できます。

あなたの好きなようにH2からH6までどれを表示するかを決めることができます。

あまり多くを表示させると、逆に目次が見辛くなるので注意しましょう。

H2見出しのみの場合

H2の見出しのみを表示した場合です。

 

H2とH3見出しの場合

H2とH3の見出しのみを表示した場合です。

設定方法

目次の表示方法は、「設定」TOC+から細かい設定をすることができます。

下記のように、目次を表示させるための設定を変更することもできます。

とりあえずはデフォルトでも大丈夫ですが、目次を自動挿入する投稿タイプの選択で注意が必要です。

もし記事に目次を表示させたければ、忘れずにpostにチェックを入れてください。

画面下部にある「上級者向け」の項目設定は、非表示になっているので必要があればクリックして表示させましょう。

上級者向けの設定

この部分で必要な設定は、見出しレベルの設定です。

例えば、「見出しh1から見出しh4までは表示させたい」や「見出しh3以降は非表示にしたい」などの設定を行えます。

またキーワードを用いて不要なものを目次に含めないようにもできます。

上記画像では、見出しh1にもチェックが入っていますが、僕の普段の設定は、見出しh2から見出しh4までです。

不要なものを表示させない方法
上記画像にある「除外する見出し」の部分に、表示させたくないキーワードを入れると、目次には表示されなくなります。もし目次に不要なものが表示されている場合は、ここで設定しましょう。

 

設定が良ければ、「設定を更新」を完了し、実際にどのように表示されているか確認しましょう。

特定の記事のみ目次を表示させない方法

普段の記事には目次を設置したいけど、ある記事だけは目次を表示させたくないこともあります。

その時は、下記方法を使って、あなたの望む記事のみ目次を非表示にすることができます。

投稿記事のどこでもいいので、下記コードを入れるだけです。

これで、その記事には目次が表示されなくなります。

まとめ

ぜひ、自分のためにも読者のためにも目次を設置してみてください。

WordPressのいいところは、この目次も自由にカスタマイズできることです。

僕はシンプルな目次にしていますが、もしこだわりたければ、色々やってみるのもいいと思います。

ただし、やり過ぎには注意してくださいね。

今回も読んでくれてありがとうございました。

 

追加補足(2018.05.25)

2018年5月25日現在、TOCは、下記のようなメッセージが表示されます。

今後WordPressがアップデートする際に、使用上の不具合がある可能性があります。

ご注意ください。

 

もし今回の記事や僕のブログに興味があるあなたは、メルマガも発行していますので、お気軽に登録してください。

アフィリエイトを始め、忙しい会社員でも作業する時間を確保する秘訣などから、よりよい生活ができるように有益な情報を発信しています。

メルマガの登録は、下のボタンよりお願いします!


只今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください