「共感される文章」が書ければ、あなたの記事に対する読者の反応が劇的に変わる!

「毎日毎日ブログやメルマガを書いているのに、全く読者の反応がない・・・」

そんな悩みを抱えていませんか?

そんなあなたに、ぜひ読んでもらいたくて、今回は「共感される文章の書き方」について書いております。

<strong>こんな人にオススメ!</strong>

ブログやメルマガを更新しても、全く反応がないあなた

伝えたいことをうまく言葉にできないあなた

自分のことについてばかり話しているあなた

もしあなたが、同じような悩みを抱えているのでしたら、

あなたに必要なのは・・・・『共感される文章を書ける、文章力』です!

ブログも、メルマガも、説明する必要もないですが、文字で読者さんに伝えなければいけません。

 

そして、「売れる・読まれる文章」となると、なんでもいいわけではありません。

「売れる・読まれる文章」には、それなりの理屈があり、書くためのコツがあります。

キーポイントが、「共感される」ということです。

共感される文章が書けるようになると、驚くくらい読者の反応が変わります。

 

ぜひ、記事をたくさん書いているけど、アクセスが伸び悩んでいるという、あなた!

最後まで読んで、実践してみてくださいね。

うまいセールス文句だけでは買ってもらえない

ひと昔前までは、うまいセールス文句を書ければ、売り上げに繋がっていました。

しかし、多種多様なウェブツールが登場し、老若男女の誰もが情報発信をできるソーシャルメディア時代になった今、以前のようなシンプルな環境ではなくなっているのです。

それではなぜ、うまいセールス文句だけでは売れなくなったのでしょうか?

 

時代は変わって消費者も賢くなった

以前ならば、うまいセールス文句を聞いた消費者(お客さん)は、

「えっ?そんなにいいの?それだったら試してみようかな。」

と、うまいセールス文句に、言ってしまえば「洗脳」されていました。

ただし、最近ではスマホを使って、すぐに調べることができます。

そのため、

『こんな商品ほかにはありません!今、買わないと後悔しますよ!』

なんて、甘い言葉をかけられても、

「えっ?(スマホと取り出して、調べる)・・・いや、他の商品はさらにいいものがあるよ」

と言った具合に、消費者も賢くなってきているんです。

そのため、どんなに“うまいセールス文章”をかけたとしても、消費者が食いつくとは限らないのです。

それでは、どんな文章なら、賢い消費者でも、ガブリッ!と食いついてくれるのでしょうか?

ここで言う“うまいセールス文章”とは、販売者から一方的に商品の良さのみを語りかけられるような文章のことです。

 

もっとも効果があるのは『共感される』こと

うまいセールス文章の代わりに、あなたに必要となる文章は、

【共感してもらえる文章】

なんです。

どうして、『共感』という感情が必要なのでしょうか?

それは、ソーシャルメディア時代と言う、姿の見えない環境があるからです。

ソーシャルメディア上では、“共感=信頼” に繋がるのです。

そして、“ビジネスとは信頼関係の上に成立するもの”です。

従って、この時代に昔のように不安や恐怖を煽り立てて、前のめりに商品を売り込むスタイルは、信頼関係を構築できないために、お客さんはあなたから離れてしまいます。

そのため、

売れるセールス文章を書くためには、「共感」を意識し、信頼を得ることがとても重要です。

売れる文章は、共感される文章である!

 

「良い文章」と「悪い文章」とは?

「共感される文章」がどんなものか、もっと具体的に捉えてもらうために、良い文章例と悪い文章例を見ていただこうと思います。

文章例として、僕が書いたメルマガの記事を使いたいと思います。

ここには2つの文章があります。あるメルマガの記事の修正前と修正後のものです。

もちろん「共感される文章」を意識して修正を加えたものです。

まずは、メルマガの記事の良い例と悪い例を、それぞれ読んで見てください。

その後に、僕がコメントをしているものを確認して、どんな点が良かったのか、悪かったのかを見てみましょう。

急いでいる人は、コメント付きだけを読んでも大丈夫です。

○コメント無しの修正前と修正後の原文

good_example_without_comment

bad_example_without_comment

○コメント付きの修正前と修正後の原文

Good_example_sentence

Bad_example_sentence

どうでしたか?

少しでも「共感される文章」の雰囲気を掴んでいただけましたか?

大事な事は、いかに「相手の事として落とし込んで書ける」かどうかです。

読者が、読んでいて自然と『これは自分に関係があるな!』と思ってもらえれば間違いありません。

続いて、もっと細かいところを見ていきましょう。

 

多くの人がしている文章を書く際の勘違い

先ほど文章の具体例を見ていただきましたが、考え方は分かっても、なかなか描こうとするとうまく書けないものです。

まず、「共感される文章」を書くにあたり、とても大事な考え方を知っておきましょう。

 

【商品・サービスを売るのは、“あなたのため”ではなく、“ターゲットのため”である】

 

これを絶対に覚えておき、全ての作業に取り組むようにしましょう。

コツは、常に“ターゲットのためになるのは何だろう?”を考えることです。

ここでは、多くの人が文章の書き方に対して、勘違いしている事について話していきたいと思います。

ここで話す内容を押さえて、文章を書いてみましょう。

う。

 

1.文章を書く時間がない

副業をしたい人には、その気持ちとは裏腹に「時間がない!」と嘆いている人が多くいます。

実際に、仕事が忙しく、作業に充てる時間が少ないのは事実だとして、重要なのは次のことです。

“限られた時間を、何のために使うか?”

時間がないからと言って、文章を書くことを疎かにしていては意味がありません。

と言うのも、時間がないからこそ、売れるための文章が必要になるんです。

なぜなら、売れる文章が書けるようになれば、必然的に時間を作れるようになります。

そのためには、ぜひ文章を書けるようになりましょう。

まずは、文章を書くことに時間を使うことを最優先すべきなんです。

おそらく、あなた自身もこの事実には気づいていると思います。

だから、この記事も読んでいただいているんだと思います。

ぜひ、行動に移してみてください。

 

2.売り込まないといけないと言う強迫観念

商品・サービスを売りたい時、始めたばかりの多くの人が、

「お客さまに売り込まないといけない!」と言う強迫観念にも似たものを持っていることがあります。

これは、まず捨ててください。

冒頭にも言いましたが、

【商品・サービスを売るのは、“あなたのため”ではなく、“ターゲットのため”である】

これを忘れてしまうと、強引に売り込んで推しに弱いお客さまばかりを求めてしまいます。

一度体験すると、すぐに気づくとは思いますが、ターゲットのためのものを紹介できていれば、こちらから売り込まずとも、あっちから来ます。

もし、それがないと言うことは、相手に「相手のためのもの」だと言うことが伝えきれていないのです。

そのために、相手のためだと共感してもらえる文章力を身につける必要があります。

強引に売り込んで納得させるのではなく、自然と共感してもらいましょう。

 

3.面白い文章を書くべき

読む相手に楽しんでもらえるように、面白い文章を書こうとするのは大事なことですね。

そのためにまずは、文章の構成をきちんと作りましょう。

いくら面白い内容を含んでいたとしても、相手に伝わらなければ意味がありません。

逆を言えば、多少面白くなくても、とても理解し易い内容だったら、読んだ相手の満足感は高くなります。

*ここで言う「面白い」は、興味深いの意味に近いです。

 

文章構成をきちんとするために重要なのが、「見出し」です。

売れる文章を書く際は、まずは見出しから決めましょう。

すると、あなた自身も、どんな内容を書いて、相手に伝えたいかを整理することができます。

読んでいる人は、書き手のあなた以上には、あなたの文章を理解することはできませんからね。

あなたが、しっかり整理することは、とても重要なことになります。

 

また見出しを使って文章の構成を考えることで、もし構成を変更したい場合も、時間をかけずに行うことができます。

時間の使い方という面から見ても、「見出し」はとても気にかけたいポイントになります。

ぜひ、見出しを使って、文章構成をきちんと考えて、面白い文章にしていきましょう。

 

4.文章には型があることを知らない

実は、文章を書くにあたって、次のような悩みを抱えている人が多いです。

・文章を書くのに時間がかかる

・どんな内容を書けばいいか分からない

・うまく文章を構成できない

このような人たちは、実は文章に型があることに気づいていません。

そのため、毎回悩んでしまうんです。

ぜひ、文章の型を使うことで、時間と労力を節約しましょう。

もちろん慣れてきたら、その型を崩してオリジナルティのある文章を書いていくのも1つの手です。

こちらに型を載せておきます。参考にして見てください。

いかがですか?

文章の内容は、テーマさえ決まれば、ほぼ同じ形で書くことができます。

何度も繰り返し書くことで、より効率的に文章を書けるようになるはずです。

文章を書くのも、スポーツと一緒で理屈を理解し、練習することが必要です。

 

5.本文がもっとも大事だと思っている

多くの人が勘違いしやすいのが、本文が最も重要だという勘違いです。

もちろん、本文は重要ですが、その前に見逃せないのが「タイトル」です。

続いて、書き出しの冒頭部分です。

書き出しの部分もタイトルと合っていないと、そこで読者は離脱してしまいます。

 

読んでもらえるタイトルを作るためのコツは、タイトルを最後につけることです。

なぜかというと、タイトルと本文の内容に違いがあってはいけません。

そのため、あらかじめ用意したテーマで書きあげた本文に対して、タイトルをつけましょう。

すると、タイトルを見てきてくれた読者の期待も裏切ることがありません。

 

また、タイトルを先に決めようとすると、なかなかいいアイデアがでず、ハマってしまうこともあるからです。

効率的に文章を書くようにするためにも、タイトルは最後に考えることをオススメします。

 

6.伝えたいことをうまく表現できない

多くの人が、文章を書く際に伝えたいことは決まっているんですが、実は見落としがちなことがあるんです。

それは、「書かなくてもいいことまで書いている」ことです。

要は、なんでも詰め込みすぎて、本当に伝えたいことが薄くなってしまっているんです。

 

例えば、

1.高速道路のサービスエリアのラーメン

2.福岡で最も老舗の行列のできるラーメン

あなたなら、どちらのラーメンを食べたいと思いますか?

もちろん、2番のラーメンですよね。

 

それは、1番のラーメンは、色々なメニューがある中の1つのメニューにすぎませんが、

2番のラーメンは、そのラーメンが売りなのが一目瞭然です。

 

このように、もしあなたが伝えたいことがある場合は、その内容に集中して、他のことは排除するようにしましょう。

要は、「書かなくていいものを決める」ことです。

意外に難しいことなんです、これ。

「何を書くかよりも、何を書かないか」

一度立ち止まって考えてみてください。

 

7.売れるセールスレターを真似すれば成功する

これは大きな間違いです。

と言っても、「真似するな」と言っているわけではありません。

守破離という言葉があるように、初心者のうちは何でもうまくいっている人の真似をすることから始まるものです。

ただし、「どう真似るか」によって、あなたの結果は大きく違ってくることに気づいておきましょう。

 

例えば、

あなたが真似た文章が、あなたと全く同じコンセプトであり、ターゲットであり、同じ商品やサービスだったら、それはOKでしょう。但し、これでは既に成功している人がいるため、あなたが売る場所は残っていないと思いますが・・・。

要は、あなたが売ろうとしている商品やサービスの置かれている状況と全く同じものは存在しないということです。

そのため、ただ闇雲に他の売れているセールスレターを真似てきたとしても、あなたのお客さんに響くとは限りません。

 

そのため、「どう真似るか?」が大事になってくるのです。

まずは、そのまま真似るようなことはせず、1から6まで話した内容を踏まえて、あなたのターゲットへ、あなたが伝えたい文章を書けるようになりましょう。

そのあと、見本となる文章から、細かなテクニックの部分を参考に真似するといいと思います。

 

まずは、シンプルなあなたの芯が通ったものから、少しづつ手を加える感じです。

 

これが、読者の方が「共感してくれる」文章になる方法です。

 

ターゲットを見据えて、共感される文章が何よりも大事

どうでしたか?

色々なことを考えすぎていて、文章を書く際に勘違いしていることが多くあったんじゃないでしょうか?

今回をキッカケに「共感される文章」を書けるようになりましょう。

 

そのためには、何よりもあなたのターゲットとなる人を考えておきましょう。

もし、万が一ターゲットが絞れていない人は、まずターゲットを決めるところから始めるようにしましょう。

 

まとめ

共感される文章を書くことで、売上をあげながら、文章を書くスキルを磨くことが理想です。

同時に、自動的に見込み客を集客できる仕組みを行うことにより、さらに広くビジネスを進めていけるはずです。

 

 


只今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください