【Amazon返品・交換】メーカーから新品が送られてきた!見習うべき大手のカスタマーケア魂!

こんにちは。悟士です。
今日も楽しくながらせどりをやっていきましょう♪

 

つい先日こんな記事を書いたんですが、ご覧になりましたか?

Amazonで販売したお弁当箱が未開封にも関わらず、ステンレスの部分が錆びてしまっていたんです。

しかも、それが袋にも付いてしまっており返品されてしまいました。当たり前ですね。

でも新品・未開封を事細かくチェックするなんてできません。

Amazon FBAで商品を返送してもらう方法!返品の理由も問い合わせができる♪

2019年6月8日

そこで、今度は僕がこのお弁当箱を製造メーカーへ問い合わせしてみたんです。

その結果、かなり迅速な対応をして頂きました。すぐに新品の交換品を送っていただいたんです。

これが何とも神対応だったので、みなさんにも知っておいてもらいたいと思いました。

 

えっ・・・メーカーってどこかって?それは言わない方がいいのかなー

まぁ商品はこちらですけどね。

さすが、大手。

困った時のお客様相談室・お客様サポート

正直な話、あまりものを買う経験が無いので、こんな風な製品の不具合も経験が少ないんです。

今回のお弁当箱の不具合は、ステンレス部分の錆でした。それが不運にも袋にも移っちゃってたんです。

そもそもステンレスなのになぜ錆びる・・・・。と言いたくなりますが、ステンレスだって不純物が多ければ錆びてしまいます。

このお弁当箱も、安くなってはいたものの、きちんとした小売店で購入した、新品の商品です。

ですが、その小売店に持って行っても、同じこと。対応してくれるはずありません。

小売店にも落ち度がありませんからね。

かと言って、どうしたものか・・・・・

 

悩んでいてもしょうがないので、製造元のホームページを開いてみると、「お客様サポート」の文字がっ!

 

次のページから「よくあるご質問・お問い合わせ」を選びます。

このページでは、これまであった様々な質問などが確認できるようですが、さらにここから「お問い合わせ」へ進みます。

すると、下の絵のように「製品に関するお問い合わせ」という文字があります。

ここから具体的な製品に関する質問をすることができます。

次のページでは、「お問い合わせフォーム」が表示されるので、ここに具体的な質問事項を書いていきます。

記入事項は、こんな感じです。

  • あなたの連絡先
  • 商品の色・型番
  • 購入した時期
  • 問い合わせ内容の詳細

問い合わせ内容の詳細では、写真も添付できるので、もし僕と同じような不具合でしたら、不具合状況が分かる写真を必ず一緒に連絡しましょう。

言葉でいくら丁寧に説明しても、百聞は一見に如かず、写真が何倍も便利です。

僕の今回の場合は、先ほどお見せした2枚の写真を添付しました。

 

これで連絡すればOKです。

 

僕も初めての経験だったので、正直ダメもとでやってたんです・・・・

だから、配送業者が来た時は驚きました。

 

迅速過ぎる神対応!

先ほど言った通り、期待していなかったのでメーカーから返信が来ていることにも気付いていませんでした。

突然、配送業者の方がいらして、いつも通り何かの配送で来られたと思ったんです。

すると、

『お届けに参ったこの商品と引き換えに、引き取りの商品があるはずですが・・・。』

と言われ、何がなんだか分かりませんでした。

ダンボールを見ると、メーカーの名前が。「まさか・・・」と思い、ダンボールを開けてみると、なんと新品のお弁当箱がっ!!

驚きながらも、配送業者の方を待たせられないので、不具合のあるものを、新品のお弁当箱が入っていたダンボールに詰め直して、そのまま持って行ってもらいました。

もう、その時点で問い合わせたことも忘れてたんです、実は(笑)

 

そして改めてメールBOXを見返すと、こんなメールが届いていました。

これで100%理解しました(笑)

しかし、かなり神な対応で驚きました。写真だけで交換までしてくれるとは思ってみなかったんです。

と言うのも、「不具合品を返送していただき・・・」みたいな反応だろうと正直思っていたので。。。

 

改めてAmazon利用での返品対応を考える

今回の返品・交換は、いいタイミングで色々なことを教えてもらうキッカケになりました。

と言うのも、Amazonで販売した商品(電気ケトル)が不具合があったとの連絡を購入者さまから頂いていたんです。

 

さすがに現物を確認しなければ、返品の対応はできても、交換の対応はできないとの旨をお伝えしたばかりでした。

今回のお弁当箱のように、写真でも送っていただくことで、よりお客様の手間を省かせると言う方法は、とても画期的だなと思いました。

それと同時に、圧倒的お客様主義サービスが、ここまで進化しているのかと怖くもなりました。

 

最近では「カスハラ」と言う言葉も出現するほどです。

 

ちょっと話がずれてしまいましたが、「ながらせどり」をしている以上、何か不備があった時、Amazonがどんな対応をとるのか、そして自分たちがどのような対応をすべきなのか、考えながらよりいいサービスを提供できるようにしたいですね。

今回の記事のような大手のサービスをきちんと見習うことは、非常に益のあることですね。

 

このブログ以外にもメルマガを配信しています。

今回のような情報も配信しているので、よかったら登録お願いします。

メルマガの登録は、下のボタンよりお願いします!

どうぞよろしくお願いします。

 

「ながらせどり」に興味がある方はこちらの記事をどうぞ!

「ながら」でやれる新しい形のせどり「ながらせどり」で、あなたも楽しく副業ができる!

2018年12月25日

只今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください