台湾でネットを活用するには、現地Simカードがお得♪【海外で旅行しながらせどり:台湾編】

こんにちは。悟士です。
今日も楽しくながらせどりをやっていきましょう♪

さて僕が2ヶ月に1度の頻度で行なっているのが【海外での旅行しながらせどり】です。

 

文字通り、「旅行するついでに仕入れをする」という、あくまでも旅行がメインなんです。

それでも面白いことに、旅行代がペイできるくらいの利益がでることもあるんです。

もっと良く知りたい方は、僕のメルマガにご登録ください。旅行中のせどりの話や、普段のせどりの話など

『ながらせどり』のネタを発信しています。ご登録はこちらからどうぞ。

 

今回はそんな海外での旅行しながらせどりでも必須の、海外でのネットの使い方についてお話しします。

行き先は、台湾♪

日本人にも莫大な人気を誇る親日のお国ですね。

 

親日の台湾でネットを使う方法は3つある

海外旅行に行くときにきになるのが、『お金』と『インターネット回線』です。

もちろん、海外で『ながらせどり』をする場合も国内同様に仕入れの支払いのためのお金と、専用アプリを使うためのインターネット回線が必要になります。

早々に言いますが、答えから言うと、どちらも現地で手に入れるのがベストです!

 

お金も、成田空港や関西空港などで両替せずに、現地の空港や市内の換金所(MoneyExchangeマネーエクスチェンジって書いてあるお店)がお得です。

インターネット回線も、現地でSimカードを買うのがオススメです。

 

さて、まずまず海外に行くときに、旅行先でインターネットを使う方法は、どんなものがあるのかを知っておきましょう。

代表的な方法として、次の3つがあります。

  1. 旅行先でのフリーWifiを使う
  2. 日本からWIfiルーターを持っていく
  3. 旅行先でSimカードを購入する

 

次に、これらの方法を、「使い勝手」「コスト」「難易度」で比較した表を準備しました。
※星5つで評価しました。(例.コスト☆☆☆☆☆は、コストの面でベストの意味)

使い勝手 コスパ 取得しやすさ 総合判定
フリーWifi   ☆   ☆   ☆☆☆☆☆
Wifiルーター   ☆☆☆☆   ☆☆☆   ☆☆☆
現地Simカード   ☆☆☆☆☆   ☆☆☆☆☆   ☆☆☆☆☆

 

と言うことで、オススメ順に並べると

現地Simカード → Wifiルーター → フリーWIfi

となります。

簡単に、なぜこのような結果になったのかを説明しますね。

 

●フリーWifi

台湾は、特にフリーWifiは、至る所で飛んでいます。初めて行った方は驚くくらいの飛び方です。

日本は、まだまだフリーWifiは不便なので、その便利さに驚きます。

・・・しかし、これは普通の旅行だったら「まぁ、OKかな」ってレベル。

 

『ながらせどり』には、完全不向きです。

 

と言うのも、フリーなだけに速度にばらつきがあったり、途中で切れたりします。

これは致命傷ですよね。多少費用がかかっても、他の2つの方法以外に考えられません。

 

●Wifiルーター

イモトのWifiルーターとGLOBAL WIFIが大人気のWIfiルーターです。

海外旅行が初めてで、現地へ行く前に完璧な準備をしておきたい!って方は、こちらがいいかもしれません。

Wifiルーターは事前の予約や受け取りが必要なのが最高に手間です。

僕も2度ほど使用しましたが・・・・もう2度と使いたくないなと思いました(笑)

その理由は、

  1. 事前受け取りも、空港での受け取りも不便!
  2. たかがルーター、されどルーター・・・バックでかさばる

Wifiルーターは、自宅で事前に受け取るか空港で受け取りする必要があるんです。ですが、自宅で受け取るにしても時間を合わせて待たなきゃいけないし、空港となると受け取り店舗には長蛇の列・・・・時間が無駄に感じてたまりませんでした。

もし海外旅行が初めてじゃなかったら、ここで紹介する現地Simが絶対にオススメです。簡単・安い・早いの3拍子揃ってます♪

 

○現地のSimカード

以前までは日本国内で購入したスマホは、海外のSimカードが使えませんでした。しかし、数年前からアンロックやロックフリーと言われる、要はもともとSimに関するロックがかかっていないスマホが流通しだしました。

例えば、僕が2018年に購入したiPhone8は、海外のSimも使えます!だから、現地のSimカードを使わない手はないでしょう!

購入はとっても簡単で、早いんですよ。しかも、使用用途や期間によってプランも多様にあるので、とても便利です。

設定など不安がる人もいますが、お店の人が全てやってくれるので安心です!

今回の記事では、この現地Simカードについて、台湾を例にとって具体的にご紹介しますね♪

 

台湾の空港でSimカード購入

SImカードの入手方法はこんな感じです。

空港到着→入国審査→荷物ピックアップ→到着ロビーに出る→Simカード屋さんで購入

至ってシンプルな流れですよね♪

 

すぐに見つかるSimカード屋さん

到着ロビーの至る所で、下のようなお店を見つけることができます。

看板には日本でも分かるように「Prepaid Sim Card(前払いSimカード)」って英語で書いてあるのが見れると思います。

ここで『Simカードが欲しいー!』って言えば大丈夫です!

 

 

基本は使用期間によって異なるプラン

Simカードのプランは、下の写真のように、基本的には試用期間(滞在期間)によって決めるような仕組みです。

ネットの使用はUnlimited=無制限です。

例えば、週末旅行で台湾に行った場合は、金曜から日曜までの3日間滞在するので、【3日間のプランA】ということになります。

すると、NT$300とは総額300台湾ドルの意味です。ちなみに日本円で1000円くらいです。*2019年8月時点

ちなみに、イモトのWifiを使い放題でレンタルした場合は、台湾で1日2000円くらいかかるようです。全然コスパが違いますよね!

 

 

【超簡単!】台湾の玄関口、桃園国際空港でSimカードを手に入れる方法

 

まとめ

 

 


只今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください