WordPressのサイトアドレスURLを変更する方法紹介!「/wp」はアフィリエイター初心者の証っ!?

こんにちは。 今日も自分の時間を確保してますねっ! 少しずつ「お金を生むスキル」を習得し、あなたの思い描く未来へ一歩近づきましょう。 WordPressでブログを始めるのは、一般的にはとても簡単です。しかし、中には、思わぬ“落とし穴”もあるんですね。 それは、WordPressをインストールすると、あなたの作成したURLのあとに「wp」などの余計なものが付いているのに気づいていましたか? 例えば、 上のように「maji-de-fukugyo.jp/wp/」などのトップページのURLにもかかわらず、なぜかこのようになっていることがあります。 理想なのは、「maji-de-fukugyo.jp」ですよね。 ブログ運営する上では、SEO対策から、読者にとってURLが見やすくなるなどのメリットがあります! もし、あなたのブログに「/wp/」が付いているならば、ぜひ取り除きましょう! 今回は、その/wp/を取る方法を一緒に見て行きましょうね。 実は、パソコンの苦手な人には、すこ〜〜〜〜〜〜し難しく見えると思います。 でも、大丈夫です! ここで書いてあること、そのままにやれば超簡単です! 1つ1つ丁寧にやっていきましょうね。

WordPressの/wp/を取り除く理由

大きく2つのメリットがあります。これから行うことが、どんな意図があるのか確認しておきましょう。

  1. SEO対策になる
  2. URLがシンプルになり見やすくなる

少しの手間で、大きなメリットがあります。

WordPressの/wp/を取り除くための流れ

まずは、これから行うことの流れです。

  1. あなたのブログのURLを変更する
  2. FTPサーバーに接続する※
  3. index.phpを変更する
  4. index.htmlを削除する

このような順番で行います。 聞き慣れない言葉が出てきてビビってますか? 大丈夫です! 誰でもはじめはそうなんですが、ここに書いてある通りにやれば、間違いありません。 1つ1つ勘違いしないように一緒に進んでいきましょう。 できる限り分かりやすく紹介していきますからね。

ブログのURLを変更する

さて、それではもう一度改めて、今回の目的を確認しておきましょう。 これから、あなたの作成したURLのあとに「wp」を取っていきます それでは、早速ですが、この/wp/を取ろうじゃありませんか! ますは、あなたの運営するブログの管理画面を表示しましょう。 管理画面は、次のようなところです。URLは、「wp-admin」の末尾のものです。 ログインする必要があるので、いつものように行ってください。 管理画面にログインできたら、左側のメニューから「設定」→「一般」を選びます。 設定の一般画面が表示されたら、【サイトアドレス(URL)のWPのみ削除】します。 この変更で、本来表示したいサイトアドレスになります。

注意 WordPressアドレス(URL)を変更すると、ログインできないようになってしまいます。変更は、サイトアドレスのみ行ってください!
この変更で終わりというわけではありません。 この時点で、あなたのブログへアクセスしてみてください。 間違いなく、下のようなメッセージが表示されるはずです。 これは、以前までは、「wp」のついている場所にあったデータを読み込んでいたのですが、先ほどの変更で「wp」がついていない場所を読み込んでいるので、その場所には何もデータがないよ、とエラーで教えてくれているんです。 そのため、きちんと表示させるためには、データを読み込む場所を変更してあげる必要があります。 その作業を、これからご紹介します。 間違うといけないので、ゆっくり慎重にやりましょうね。

FTPサーバーに接続する

ここからはMacユーザーを中心にお話しします。少しだけWindowsとMacでは使用するソフトが異なります。 MacでオススメのFTPサーバーは、「FileZilla」です。 FileZillaのインストールなどの下準備が必要です。まだの方は、次の記事を参考に準備を先にしてください。

MacでレンタルサーバーにFTPソフトでログインする方法

2017年12月24日
  今回は、FileZillaを用いて、FTPサーバーへログインしましょう。 接続ができたら、右側のサーバー側のメニューに、あなたが登録しているドメインがあるので選択してください。 選んだドメインのフォルダの中に、「Public_html」があるので、ダブルクリックで開いてください。 ※レンタルサーバーの種類によっては、「Public_html」ではない可能性があります。 「Public_html」のなかには、「wp」というフォルダが存在します。 ※「wp」というフォルダ名は、あなたがつけた名前のフォルダがあるはずです。 これをダブルクリックで開いてください。 続いて、「wp」のフォルダ内にあるindex.phpの変更をしていきます。 簡単ですが、間違いやすいので1つ1つ丁寧に行なっていきましょう。

index.phpを変更する

先ほどの続きで、「wp」フォルダの中に、「index.php」というファイルがあります。 これを、右クリックでダウンロードしてください。 続いて、ダウンロードした「index.php」を、1つ前の「public_html」のフォルダにアップロードします。 ※1つ前のフォルダへ戻るときは、ダブルクリックしてください。 「index.php」をアップロードできたら、下記の通り右側のメニューに「index.php」が表示されます。 そこで、右クリックで「表示/編集」を選んでください。 「index.php」のファイルが開かれると、下の画像を参考にして、「/wp」を入力してください。 これを保存すれば、編集した「index.php」がアップロードされました。 万が一うまくいかない人が、デスクトップにダウンロードした後に編集を加えて、アップロードを試してください。

要注意!17行目のシングルクオテーション記号 index.phpを編集する際に、勝手にWordPressが   ‘’ と書き換える現象があります。 これによりサイト表示がエラーになります。 その際は、改めてindex.phpの17行目を修正してください。 

index.htmlを削除する

さぁ、もう一踏ん張りです。 エックスサーバーを契約している場合は、はじめから「index.html」がアップロードされています。 これはどう言うことかというと、このままの状態で、あなたのWordPressのブログを開こうとしても、「index.html」が読み込まれてしまいます。 そのため、この「index.html」は右クリックで削除してください。 もし、はじめから「index.html」がない場合は、特に何もする必要がありません。 さて、ここまですると下の画像のように「index.html」がなくなり、「index.php」が追加されました。 はい! これでURL変更の設定は完了です。 あなたのブログURLには「wp」が付いていましたが、見事に消えています! 確認してくださいね。

まとめ

はじめにも書きましたが、もしあなたのブログURLに「wp」など余計なものが付いているのでしたら、今回の方法を使って取ってくださいね。理由は、SEO対策になるし、URLがシンプルになって一石二鳥です。 しかも、「wp」が付いていると野暮ったくて、知っている人から見ると、 『あぁ、このブログ初心者やな。』 って、思われてしまいます。 例え、あなたがいい記事を書いていたとしても、<そんな初心者が書いた記事信用ならないな>と読み手に思わせてしまいます。 それは、ひじょーーーに勿体無いですよね! この問題は知っていれば避けれます。そして、今あなたは、解決方法を知りましたからね。 ぜひ、面倒臭がらずにやってくださいね! もし、今回紹介した流れでうまくいかなかった時は、問い合わせください。 できる限り力になりますので。 誰でも、はじめはゼロからのスタートなんです。大事なのは、取りかかることです。 分からなくても、分からないなりにやることが大事なんです。

最後に・・・ そもそも「wp」などの余計なものがURLについている理由についてですが。 実は、あなた自身が設定しているんです。覚えてますか? エックスサーバーを使っているあなたは、WordPressを自動インストールするときに、<インストール先URL>に何かしらのフォルダ名を入力してしまったんです。 ですから、次回もし新規でブログを作成する際は、この設定欄は空白にしておくことをオススメします。そうすれば、今回のような作業はする必要がありませんからね!

ただ今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!




自由な人生へグッ!と近づくこと間違いなし!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください