Recent Posts Widget Extendedの設定と使い方:特定の新着記事をサムネ付き一覧で表示する

こんにちは。 今日も自分の時間を確保してますねっ!

時間とお金の自由を得て、あなたの思い描く未来へ一歩近づきましょう。

 

今回は、新着記事をサムネイル画像付きの一覧で表示することができるプラグイン

Recent Posts Widget Extended

をご紹介します。

実は、WordPressの初期設定からでも簡単に表示することは可能ですが、設定項目が少ないので不便を感じます。

特に、特定のものの表示・非表示の選択をしたいときは、今回のプラグインRecent Posts Widget Extendedが有効です!

こんな人にオススメ!
  • 特定の記事を新着記事として表示したい(もしくは表示させたくない)人
  • 新着記事一覧の細かい設定(文字のサイズなど)をしたい人

Recent Posts Widget Extendedの導入

導入方法は、他のプラグインと同様、

ダッシュボードの<プラグイン> → <新規追加>

下記のページでRecent Posts Widget Extendedをインストールを行います。
*インストールすれば、自動的に導入されます。

導入完了すると、自動的に下記のようにあなたのプラグイン一覧に追加されます。

これで導入完了です。

Recent Posts Widget Extendedの設定

導入が完了したら、次に設定をしていきましょう。

ダッシュボードの<外観> → <ウィジット>のなかでRecent Posts Widget Extendedがあるので、ここで設定します。

まずは設置したいトップページへRecent Posts Widget Extendedを追加しましょう。

※比較のためにWordPressの初期設定で設けられている最新記事一覧のウィジットも追加しています。
実際は、このウィジットは必要ないので削除ください。

ここでWordPressの初期設定で設けられてある最新記事一覧とRecent Posts Widget Extendedの設定内容を見比べてみましょう。

WordPress初期設定の設定内容

Recent Posts Widget Extendedの設定内容

一見しただけで、設定内容の違いが分かりますね。

もちろん、何もいじる必要を感じない方は、WordPressの初期のものでも十分便利に感じます。

必要に応じて使い分けましょう。

それでは、Recent Posts Widget Extendedの設定内容を確認していきましょう。

基本的な設定

設定項目は、かなりたくさんあるんですが、まずは裁定項目のみ設定してみましょう。

次の5つを少なくとも設定するといいと思います。

  1. Title(実際に表示されるタイトル)
  2. 表示する最新記事の数
  3. サムネイル画像の表示の有無(一括選択のみ)
  4. サムネイル画像のサイズ
  5. サムネイル画像(アイキャッチ画像)が無い場合の代わりの画像

参考に設定項目の一覧を載せておきますので、必要に応じて設定しましょう。

Title 表示するタイトル
Title URL ウィジットタイトルにリンクを設定(URL)
CSS ID CSSを適用させたい時のID
CSS Class CSSを適用させたい時のClass
HTML or text before the recent posts 一覧の上に表示させるHTML及びテキスト
HTML or text after the recent posts 一覧の下に表示させるHTML及びテキスト
Ignore sticky posts 固定投稿を無視
Exclude current post 現在の投稿を非表示
Post Types 表示する投稿のタイプ(投稿・固定ページ等)
Post Status 表示する投稿のステータス
(下書き・未来記事等)
Order 表示順序(降順or昇順)
Orderby 表示順の基準(投稿日・更新日・ランダム等)
Limit to Category 表示するカテゴリー
Limit to Tag 表示するタグ
Limit to Taxonomy 表示するカスタム投稿
Number of posts to show 表示する投稿数
Offset スキップする投稿数
Display Thumbnail サムネイルの表示
Thumbnail (height, width, align) サムネイルの高さ・横幅・位置の指定
Default Thumbnail アイキャッチが設定されていない投稿に表示する画像
Display Excerpt 抜粋表示
Excerpt Length 抜粋表示の文字数
Display Readmore Readmore(続きを読む)の表示
Readmore Text Display Readmoreで表示させるテキスト
Display Comment Count コメント数の表示
Display Date 日付の表示
Display Modification Date 更新日の表示(Display Dateと重複不可)
Use Relative Date.eg: 5 days ago 相対日付の表示

「Default Thumbnail」の高さと横幅は、できる限りサムネイルの比率(例えば45 x 45)に合わせましょう。比率が崩れてしまうと、必然的に画像が伸縮してしまって見た目がよくありません。

 

カスタマイズについて

設定画面の下部にある「Use Default Styles(初期設定のスタイルを使用)」のチェックを外すと、CSSをカスタマイズできるようになります。

この部分は、特に変更する必要はありませんが、以下の2つの設定変更が可能です。

  1. 記事タイトルの文字の大きさの変更
  2. マウス選択時のサムネイル画像の半透明化

 

文字の大きさを変更したい場合、「.rpwe-block h3」の「font-size」を変更する。

また画像にマウスのカーソルを乗せた時に、画像を半透明にさせたい場合、下記のコードをCSSに追加します。

他にも自由にカスタマイズできるので、興味がある方、必要のある方はご自身で調べてみるといいと思います。

まとめ

このようにトップページに最新記事として特定の記事を掲載したり、カテゴリー別に表示させたり、必要がない固定ページなどは表示させなかったりと、かなり細かいカスタマイズができます。

既存の仕様に物足りなくなったら、ぜひこのRecent Posts Widget Extendedを試してみてはいかがですか。

 

このブログ以外にもメルマガを配信しています。

今回のような情報も配信しているので、よかったら登録お願いします。

メルマガの登録は、下のボタンよりお願いします!

どうぞよろしくお願いします。

 


リニューアル販売開始!ディスカバリーアカデミー






僕の自由な人生への転換点はこれだった!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です