AddQuicktag:ブログ記事作成の時間節約!面倒なタグ打ちは、もう不要!時短に便利なWordPressプラグイン

こんにちは。 今日も自分の時間を確保してますねっ!

少しずつ「お金を生むスキル」を習得し、あなたの思い描く未来へ一歩近づきましょう。

ブログ記事を書く時に、使えるようになりたいHTMLタグですが、初心者が使うにはハードルが高いです。

HTMLタグとは?
HTMLタグとは、半角英数字で構成されるコードです。HP作成には欠かせない要素です。

通常、<半角英数字></半角英数字>となっています。

HTMLタグを覚えて使えるようになっても、わざわざコードを手入力するなんて面倒です。

そこで、役に立つのがプラグイン「AddQuicktag」です!

プラグインAddQuicktagの導入

AddQuicktagを導入方法を紹介します。

「プラグイン」→「新規追加」からAddQuicktagをインストールします。

検索窓で「AddQuicktag」をサーチすると表示されるので、「今すぐインストール」をクリックします。

インストール完了後、「有効化」を忘れずに行ってください。

これでAddQuicktagの導入は完了です。

続いて設定方法について紹介します。

設定をしよう!

「設定」→「AddQuicktag」を選択します。

※設定の中にAddQuicktagが表示されていない場合は、もう一度きちんと有効化できているか確認しましょう。

 

クイックタグの追加の方法

クリックタグは、任意のタグを追加できます。

例えば、下の場合は黄色のハイライト機能のタグを追加した場合です。

追加の3STEP

  1. 「ボタン名」「開始タグ」「終了タグ」の3カ所を入力する
  2. 一番右にチェックを入れる
  3. 変更を保存する

このように、あなたの好きなタグをいくつも追加することができます。

※タグを自分で探す必要は、必ずしもありません。コードのリストを無料配布で手に入れることもできます。

クイックタグの使い方

例えば、新規で記事を書く場合は、以下の通りです。

新規投稿の画面で、「Quicktags」のタブを開くと、追加したタグが表示されます。

その中から任意のタグを選択します。

 

例えば、先ほど登録した黄色のハイライト機能を使いたい場合を説明します。

対象となる部分を選択(ドラッグ)します。そして、使いたい機能を「Quicktags」から選択してください。

たったのこれだけです!簡単でしょう!

おまけ

登録内容の書き出しと読み込み

知っておくと便利な機能を紹介します。

「設定」→「AddQuicktag」の画面下部に、「エクスポート(書き出し)」の欄があります。

ここの「エクスポートファイルのダウンロード>>」をクリックします。

すると登録したクイックタグの書き出しができます。(書き出されたデータは、.jsonという拡張子のデータで保存されます)

バックアップの場合や他の人と登録したクイックタグを共有したい場合は、この方法を使うことができます。

 

次に、読み込み(インポート)について紹介します。

他のデータを読み込みたいときは、同様に「設定」→「AddQuicktag」の画面下部の「インポート(読み込み)」にて任意のデータを読み込むことができます!

※注意したいのが、インポート前のクイックタグは残らないので、残したいクイックタグがある場合は注意しましょう。

 

これを覚えておくと、色々と便利ですよ。

まとめ

このAddQuicktagを使うことでブログ作成の幅が広がります。

クイックタグの内容は、自分で作ることもできるし、すでに準備されているものもあります。

WordPressテーマSTORK(ストーク)を使っている人は、あらかじめ用意されたクイックタグのリストがあるので、下の記事を参考にインポートしてみてはいかがですか?

神業!WordPressテーマ「STORK」のショートコードの簡単登録方法!これだけで初心者でもプロ級のブログが書ける!

2018年4月25日

オリジナル性のある機能も豊富で、ブログを書くのが楽しくなっちゃいますよ!

 

もし今回の記事や僕のブログに興味があるあなたは、メルマガも発行していますので、お気軽に登録してください。

アフィリエイトを始め、忙しい会社員でも作業する時間を確保する秘訣などから、よりよい生活ができるように有益な情報を発信しています。

メルマガの登録は、下のボタンよりお願いします!


只今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください