【リモートワーク・在宅ワーク・遠距離恋愛】離れた人とコミュニケーションを取る方法の3選。結構これで価値観変わる!

こんにちは。悟士(toshi@JPです。

悟士
7年間、国際恋愛している僕ですので、最近のリモートワークで、みんながオンラインで行っているミーティングに対して、全く抵抗を感じない♪

リモートワーク、在宅ホームで、すごい話題になっているオンライン・コミュニケーションツール。

これって、ネットビジネス(オンラインでのビジネス)をしている人にとっては、何を今さらって感じなんです。

それに、台湾人の彼女と7年間も付き合っている僕にとっては、多少の距離があっても、そのコミュニケーションツールがあれば、他の人が思うほど、関係を続けることが難しくないんです。

ってことで、今さら聞けないオンライン・コミュニケーションツールについて、今回はお話ししますね。

特に、人気のあって、かつ僕自身も頻繁に利用している、Zoom、Chatwork、LINEについて話していこうと思います。
(難しい技術的な話ではなくて、利用者の感想として書いていきまーす。)

ぜひ、皆さんもこれを機に、新しいことに挑戦してみませんか?

代表的なオンライン・コミュニケーションツールはSkype!!

みなさんは、Skypeって言うツールは聞いたことありますか?

これも、オンライン・コミュニケーションツールの1つで、僕の中では、かなり代表的で先駆的なツールです。

今でも覚えているのが、大学生時代の友人カップルが、日本とオーストラリアで1年間の遠距離恋愛をしていた時に、

「Skypeで連絡とってるよー」

って言ってたことです。(ちなみに、この友人はめでたく卒業後に結婚して、幸せな家庭を築いています♪)

それが2004年くらいだったかな。

それから5年後くらいの2009年から、僕はよく海外旅行に行くようになりました。

その時、出会った人とはSkypeで連絡取ることもあったんですが、ちょうどFacebookが出現したので、どんどんそちらにシフトしていきました。

但し、Skypeって電話もできるんです。もちろん料金はかかりますけどね。もちろん国内外問わず。

それで国際電話が、確かかなりお得な感じだったことを覚えています。*正確な料金は覚えてませんが。

そのため、海外のホテルの予約だったり、何かしらで連絡を取る必要がある時はSkypeを使っていました。

ついでに、格安simを使う今でも、普通に電話すると割高な通話料金を取られるので、国内でもSkypeで電話しています。

固定電話(国内) 携帯電話(国内)
Skype ¥2.42/分
¥14.52/分
格安sim (mineo) ¥40/分 ¥40/分

せっかくなので、きちんと調べたら、上記の通りでした。改めて驚きですね。
どちらも、プランではありませんので、頻繁に使う方は、参考程度にしてくださいね。

 

2011年くらいからは、LINEが出現して、家族や友人との連絡は、専らLINEになりましたね。

2012年から2015年の3年間、僕はオーストラリアとニュージーランドへ移住していたんですが、その間の主な連絡手段はLINEでしたね。

 

人気のあるオンライン・コミュニケーションツール3選

さて、最近とても話題になっているのが、次の3つのツールです。

  • Zoom
  • LINE
  • Chatwork

LINEは改めて説明する必要はないほど、多くに人が利用していますよね。実は、アジア人にも大人気って知ってました?

他のZoomとChatworkは、聴き慣れない人もいると思います。オンラインでのコミュニケーションが増えている今、そしてこれからは、知っておいても損はないと思います。

Zoom

Zoomは、オンラインでミーティングができるツールです。

さて、ここでミーティングの定義と言うか、最低求められる条件ってなんでしょうか。

僕が思うに、次の2つだと思います。

  • 相手の顔を見て話せること
  • 画面を共有して、資料を用いて説明できること

 

Zoomはもちろん、これらの条件を満たしています。でも実は、他にも条件を満たしているツールがあるんです。

それが、Skypeが提供するSkype for Businessです。

実は、僕も仕事で海外のメンバーとの月1のミーティングがあるんですが、その時はSkype for Businessでミーティングしています。

もちろん、複数人数の参加、画面の共有は可能です。

では、なぜ最近になってZoomを利用する人いが増えたのでしょうか?僕も、これ疑問だったんです。

調べてみて分かった決定的なことが、これでした。

Skypeは事前にアカウント作成が必要だが、Zoomはアカウント作成が不要

 

アカウント作成が不要のZoomは、参入障壁がかなり低いってことですねー。確かに、最近はどのサービスでも、アカウントIDだったり、パスワードだったりを設定しないと利用できないサービスばかり・・・。それぞれを忘れては、作り直しをした経験がある人ばかりだと思います・・・・

但し、Zoomのセキュリティに関して、少し不安なニュースが最近流れていました。*2020年4月時点。

新しいサービスにも関わらず、利用者急増が影響しているとのことでしたが、これは次第に改善されていくことだと期待したいですね。

Zoomのメリット:アカウントを作成する手間がない

Zoomのデメリット:

 

LINE

もうLINEは説明しなくてもいいですよねー。でも、意外に知らないこともあるかもなので、ちょっとだけ。

LINEが開発された背景には、東日本大震災であることは有名な話ですね。そのため、LINEの本質は、家族や大切な人との連絡を取る、それまでにあった電話以外のツールとして生まれたようです。

その本質に従って、僕は2011年から、今でも遠くに住む家族や、台湾に住む彼女とのコミュニケーションツールはLINEです。

もちろんFacebook MessengerやSkypeなどでも、同じように通話、チャット、ビデオ通話はできるんですけどね。

やっぱり操作性が簡単だし、何よりスタンプや面白いエフェクトが、繰り返し利用する要因になっていると思います。

今でも、どんどん使いやすくなってきてますしね。

例えば、「リプライ」って機能も便利だと思います。過去にあったメッセージを引用して返事をかけるため、一言説明する手間が省けたりします。

まぁ、何よりビデオ通話してても、通信が安定していると感じることです。

LINEは、台湾でもとても人気です。ただ、台湾に人たちは、頻繁にボイスメッセージを使っています。

日本では、あんまりボイスメッセージを使っている人は見ませんけどね・・・。文化の違いか、文字打つのが面倒なのかな?今度、彼女に聞いてみたいと思います。

 

LINEのメリット:使いやすい操作性と愛着のあるスタンプやエフェクト

LINEのデメリット:・・・既読がつくことかな(笑)

 

Chatwork

さぁ、ここで少し色の違うコミュニケーションツールを紹介します。

Chatworkですが、あまり聴き慣れないんじゃないでしょうか。投資などに興味がある方は、少し前に上場したことで知っているかもしれませんが。

Chatworkは、ビジネスに特化したコミュニケーションツールです。

性質的には、ZoomやLINEとは全く異なります。ここでは3つを比較しているわけではなくて、これらのツールを知っていれば、とりあえずオンラインコミュニケーションツールを知る意味では大丈夫ってことで紹介しています。

さて、Chatworkのメイン機能は、その名の通り、チャット(おしゃべり)です。

あれ、でもSkypeでも、LINEでもチャットできるよねー。ついでに言うとfacebookでも・・・。まぁ重複する機能って、言うのはなんでもあるんですね。

違いってのを、もし話すとすれば得意なことが異なるようです。

 

Chatworkの便利な機能の1つに、タスク管理機能があります。

 

「○○さん、作業△△を、月末までにやっておいてねー」

 

ってのをメッセージだけじゃなくて、タスクとして与えることができるんです。もちろん、内容、期限、アサインされた人を常時表示することができるため、後からオンラインに参加した人も、誰が、どんなタスクを持っているか分かります。

 

Chatworkも、ビデオ通話ができるんですが、Skypeのそれと比較すると、品質が良くない様です。Zoomと比べたらどうなんでしょうか?分かったことは、Skypeはビデオ通話、音声通話ともに品質が良いと言うことでした。

 

なかなかChatworkを利用する機会って少ない様にも思いますが、家族で使ったりするのもありなんじゃないかなーって思います。

今は子供でもスマホを持っている時代ですからね。家庭でタイムマネジメント能力を鍛えるいい機会になると思いますー。

Chatworkのメリット:タスク管理機能など、ビジネスを進める上で便利な機能がある

Chatworkのデメリット:機能を100%使うとなると有料になる(っぽい)

 

一般的な人がオンライン・コミュニケーションツールを使う場面って?

こうやって記事を読んでいて思うことが、

「うーーーん、今の私で使うとしたらLINEくらいだな・・・」

って人も少なくないのでは。

 

確かに、テレビでリモートワーク、在宅ワークなどの言葉が飛び交ってはいますが、当てはまる職種の人は、全体で見れば少数だと思います。

 

でもね、変化って加速的に進むもんです。

「あれっ?気付いたら、事務所スカスカだ・・・」

 

今が必要ないから、将来必要ないかってのは、誰にも分かりません。

必要になってから使うってよりは、自分でどんなことに使えるか考えて、使ってみるのも面白いと思いませんか?

 

ちなみに悟士の場合は、どんな時に使っているのか?

僕は、はじめにもお話ししましたが、今回紹介した3つのツール全てを利用しています。

Zoomは、月に数回程度ですが、LINEとChatworkは、毎日使っています。

 

特にChatworkは、僕が所属しているオンラインビジネスグループで大活躍です。

どの様に活躍しているかと言うと、他では手に入らない様な、とても重宝する情報が、所属するメンバーによって交わされています。

もちろん、その情報は、いつまでも残っているので、後から検索して見直すこともできるんです。

そんなChatworkの良さを、違う記事でも紹介しているので、興味ある方はこちらの記事もご覧ください。

ついでに、僕がやっているビジネスについても知ることができますよー。

「ながらせどり」の隠れたお宝。『購入者限定のチャットグループ』が、ながらせどりの1番の魅力だっ!!

2019年3月30日

 

さて、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

このブログ以外にも、ながらせどりの情報をメルマガにて配信しています。

メルマガの登録は、下のボタンよりできるので、ぜひお願いします!

どうぞよろしくお願いします。

 


只今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください