困ったときに役に立つ!「香水を送る方法」について紹介します。

こんにちは。悟士(toshi@JPです。

悟士
今日も楽しくながらせどりをやっていきましょう♪

 

最近「ながらせどり」で、香水を仕入れました。

 

で、無事売れていったのはいいんですが・・・

 

「あれ、香水ってどうやって送るんだっけ?」

 

と言うのも、香水って、Amazonでも『危険物』として取り扱われているんです。だから、FBA納品する場合も、普通の商品とは扱いが違い、特別な方法でAmazonへも送る必要があります。と言うことは、自分で購入者さんへ送るときも、何かしらルールがあると思ったら、その通りでした。でも、とても簡単な方法で送ることができました。

 

そこで今回は、香水を送る方法をご紹介しようと思います。

香水は引火性液体
香水やヘアスプレー、化粧品は、引火性液体と言って「国際連合危険物輸送勧告」と言う世界基準に基づいて、輸送制限されています。そのため、きちんとルールに従って、発送しましょう♪

 

【重要】日本郵便では香水を送れない

まずはじめに、とても重要なことですので、これを知っておきましょう!

日本郵便では香水などの引火性液体は送れない!!

皆さんも、とてもお世話になっている郵便局です。実は、郵便局は、香水などの引火性液体の配送を受け付けていません。

窓口で下のようなポスターを見たことありませんか?

航空機による輸送ができないもの 引用:日本郵便ホームページ

上記の注意は、『航空機による輸送ができないもの』と謳ってますがので、

「国内で陸送(トラックなどによる配達)だったら、できるんじゃん!」

と思っちゃうんですが、そこに落とし穴が・・・・。

 

実は、日本郵便では、香水などの引火性液体の配達を一切取り扱っていません

国内郵便だろうと、国際郵便だろうと、陸送だろうと、航空便だろうと、関係ありません。

仮に、郵便局の窓口で、「配送品は、香水です。」と正直に言うと、間違いなく断られます。

あっ、ちなみに日本郵便にゆうパックで送るときに、どの地域から発送し、どの地域に送るかによって航空便かどうかを確認することができます。気になる方は、こちら(航空搭載地域早見表(ゆうパック))からご覧ください。

 

ただ解せないのは、『航空便による輸送ができない』だけなのに、陸送で届けられる配達の場合でも、窓口で断られることです。これが日本郵便のホームページなどでも明記されていないんですね。

でも現状、そうなっている以上、どうしようもありません・・・。

 

では、日本郵便がダメなら、どうすればいいのか!?諦める必要はありませんよ。

そこで活躍してくれるのが日本の宅急便業者なんです♪

 

香水を送るにはヤマト運輸or佐川急便

香水などの引火性液体を送る場合は、宅急便業者へお願いしましょう。

代表的なのは、ヤマト運輸佐川急便ですね。

ヤマトさんは、きちんとホームページでも香水を送れることを説明しているので安心してお願いできます。

但し、ヤマトさんでも佐川さんでも、航空便では送れないのは日本郵便と同じです。こればかりは世界のルールで決まっているので諦めましょう。

 

つまり、香水は、ヤマト運輸か佐川急便だったら、トラックなどの陸送で送ってくれると言うわけです。

それでは、実際に僕が香水を送ってみたので、その時の様子をご紹介しますね。

方法は、とても簡単なので一度覚えてしまうと楽ですよ。

 

実際にヤマト宅急便コンパクトで送ってみた

さて、今回送りたいのは、こちらの商品です。

 

実際に僕が行ったことを時系列に書き出した後、詳細を紹介します。

  1. まずは情報収集をする
  2. 料金のシュミレーション
  3. コンビニでヤマト宅急便コンパクトを購入
  4. 香水を梱包する
  5. コンビニで発送する

 

まずは情報収集をする

香水が本当にヤマトで送れることができるのか確認しておきましょう。

すると、ヤマト運輸のホームページのFAQに、そのままの質問がありました。

質問:香水は、送れますか?

答え:送れます。

と即答です(笑)

但し、一緒にこんな注意書きがあります。

ただし、オイルライター・ライター用燃料・化粧品・香水・ヘアスプレーなど、引火性液体が含まれているものは、
航空搭載ができないため、下記区間と、「宅急便タイムサービス」の配達が、1日以上遅れる場合があります。
航空搭載の該当区間:沖縄⇔他の都道府県、北海道⇔九州・中国・四国 引用:ヤマト運輸HP

つまりヤマト宅急便で香水は送ることができるんですが、航空便を使うことができないんです。

そのため、トラックや船を使うことになるので、配達にかかる時間が増えてしまうんです、

どちらにしろ確実に送ることができるんで安心ですね♪

 

香水にピッタリの送り方:『ヤマト宅急便コンパクト

調べていたら、香水などの小物を送るのにピッタリなヤマト宅急便のサービスを発見しました。

それが、『宅急便コンパクト』です。

どんなサービスかと言うと。

60サイズよりも小さな荷物を手軽にオトクに送れます。宅急便と同様に利用でき、お届けは手渡し。

 

但し、この宅急便コンパクトを利用するには、専用のボックスを購入する必要があります。

えぇー!面倒だな!

っと思うかもしれませんが、この専用ボックスは、コンビニで簡単に買えてしまいます。

しかも、コンビニで発送もできるから超簡単♪これは利用する手はありませんよね!

 

ちなみに料金は、普通の宅急便に比べて、300円くらいお得になるとか。

料金は、発送場所と到着場所で異なるので、ヤマト運輸のページで確認してみましょう。
宅急便コンパクトの料金を調べる

 

コンビニでヤマト宅急便コンパクトを購入

早速、最寄りのコンビニに来てみました。

コンビニには、宅急便コンパクトの専用ボックス以外にも、メルカリの専用ボックスも販売していました。

念の為、購入前に店員さんに

「これって、ここから発送できますか?」

と確認したところ、大丈夫ですよ。と言っていただけました。

と言うことで、一度専用ボックスを買って、自宅へ戻ります。

 

ちなみに宅急便コンパクトには2種類のボックスがあるみたいです。

  1. 薄型専用BOX:(たて)24.8cm(よこ)34cm
  2. 専用BOX:内寸(たて)19.3cm(よこ)24.7cm(高さ)4.7cm

薄型の方は、厚さに制限は設けられておらず、封を閉じることが出来れば大丈夫とのこと。郵便局のレターパックと同じですね。

 

香水を梱包する

今回の香水は、30mlと小さいため薄型専用ボックスを購入しました。

実際の梱包の様子を写真で紹介しますね。

香水は、緩衝材で包み、ボックスの中で動かないようにテープで貼り付けました。

ボックスには封を閉じるための両面テープがあるんですが、念のため外側からもテープで固定しました。

はい!

これで準備完了です!!それではコンビニに行きましょう♪

 

コンビニで発送する

先ほど専用ボックスを購入したコンビニに戻ってきました。

店員さんに、送付状をもらいます。すると、「元払い」と「着払い」を尋ねられるため、「元払い」の送付状をもらいましょう。

送付状に必要事項を記入し、専用ボックスに貼り付けたら完了です。

今回は、北海道までの長旅になるので、無事届いてくれることを祈っています!

 

驚愕の送料にびっくり!!

『さぁ、これで発送したら終わりやぁ!!』

と思いながら、レジへ持っていくと、慣れない店員さんが対応してくれました。

胸には、「実習生」のマークが。新人さんみたいです。

 

理解した別の店員さんが対応してくれましたが、サイズを測って料金を見ると、

「60サイズで、1,380円ですねー」

と。

 

えっ・・・?と思いつつも、思考がストップしてしまっており、支払いも流れで済ませてしまいました。

と言うか、店員さんは外国人の留学生だったので、詳しく料金について聞きたかったのですが、よく分かりませんでした。

 

60サイズだから、この料金なんですと・・・。

うーん、初めてだから、自分も理解できず。。。

と言うことで、とりあえず今回は諦めて発送し、次回ヤマト配送センターできちんと確認しようと思います。

 

とにかく、これで香水などの引火性液体に分類されている商品の発送方法を知ることができました。

料金については、おって分かり次第アップデートしますね。

 

まとめ

ヤマトの宅急便コンパクトのメリットは、以下の通りですね。

香水を送ることができる

コンビニで簡単に専用ボックス購入し、発送もできる

専用ボックスも種類が2種類あり用途別に使える

便利なサービスがあるから、どんどん使っていかないと損ですよね。

それに、コンビニでできるってのが24時間、時間を気にせずに済むのでかなり便利ですよね。

 

ではでは、今回は香水を宅急便で送る方法でした。

このブログ以外にも、ながらせどりの情報をメルマガにて配信しています。

メルマガの登録は、下のボタンよりできるので、ぜひお願いします!

どうぞよろしくお願いします。


只今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください