【Amazon】危険物をFBA納品する方法と注意点

こんにちは。悟士(toshi@JPです。

悟士
今日も楽しくながらせどりをやっていきましょう♪

 

香水や化粧品ってAmazonへ納品する際に制限があるの知ってますか?

僕はあまり取り扱わないので詳しいことを知らなかったんですが、今回必要があって調べました。

もともと煩わしさもあったので扱っていなかったのですが、調べてみたら簡単だったので、これからはどんどん扱ってみたいなと思いました。

では、そんな危険物をFBA納品する方法と注意点をお伝えしていきます。

危険物とはどんなものか?

Amazon納品の際に気をつけなければいけない危険物に該当する商品とは、基本的には法律で危険物として輸送が規制されている商品だと思って問題ありません。

Amazonにこんな表があったので引用しますね。

せどりで取り扱いそうな商品と言ったら、香水などが挙げられると思います。

これらをFBAへ納品しようと思う場合は、仕入れ時から注意する必要がありますね。

 

具体的に商品が危険物かどうか見極める方法

かと言っても、最近では香水なのか、そうでないのか見極めるのが難しいものもありませんか?

香水売り場に置いてあればいいですが、他の商品とまとめてあると香水だと言うことを気付かずに仕入れをしてしまう場合も考えられます。

そんなミスを防ぐためにも、きちんと危険物かどうかを見極める方法を確認しておきましょう。

出品制限の場合は、AmazonSellerアプリでもバーコードを読み込んでみると、出品制限を教えてくれます。

ただし、危険物の場合は、出品はできる商品ですので、危険物かどうかまでは教えてくれないようです。

僕は、てっきりSellerアプリで警告が出るとばかり思っていました。

でしたら、どうやって商品が危険物かどうかを見極めればいいのでしょうか?

その方法は、AmazonのサイトでASINを使って調べることができます。

具体的な事例を使って、確認しましょう。

 

実際に僕が購入したものを使って実例紹介!

ここにイオンで購入した3種類の香水があります。正直、これが香水なのかどうなのか不安な部分もあったんですが、主成分にエタノールと書いてあるので間違いないかと。きちんと危険物かどうかはAmazonのヘルプページでASINを使って調べましょう。

○AmazonSellerCentralのアプリで調べてみる

答えを先に言うと、アプリでは危険物かどうかまでは教えてくれません。

上の写真の3つをセラーアプリで確認しても、出品できることは教えてくれますが、危険物かどうかの判断ができません。

出品ができない場合は、教えてくれるんですけどね。そこで、次の方法を試します。

 

○Amazonのヘルプページで調べる

まずは自分のAmazon Seller Centralのページにログインしましょう。

(1).トップページにある検索で「危険物」と検索します。

(2).検索結果の「危険物判定作業」を開きます。

(3).危険物判定作業のページにあるASINチェックツールを使って危険物かどうか確認します。

上の写真にある「ASINの検索」をチェックし、「次へ」をクリックします。

すると下の画像のようにASINを入力する画面が出てきます。

調べたい商品のASINを入力しましょう。

(4).結果を確認する。

結果はすぐに下のように表示されるはずです。

このように、危険物だったら『この商品は危険物です。』と教えてくれます。

 

これで、どの商品が危険物かどうか判断できるようになりました。

続いて、危険物のFBA納品について説明していきます。

先ほどのように「この商品は危険物です。」と言われた商品は、所定のルールに従って納品をする必要があります。

これからそれも含めて納品方法を確認します。

 

危険物のFBA納品は一般の方法と異なる!

まずはじめに、危険物のFBA納品は一般の方法と異なることを知っておきましょう。

どう異なるのかを、Amazon出品大学から引用しておきます。

  • FBA パートナーキャリアサービスの利用不可
  • 引火性液体にあたる商品は、事前に申請が必要
  • 引火性液体の納品先は狭山FC(HND2),小田原FC(FSZ1)のみ

ここで重要なことは、納品には事前に申請が必要だということですね。

どんな申請が必要かを確認しましょう。

申請は、「取り扱いをの申請」と、「危険物を納品する毎の申請」の2種類があります。

取り扱いの申請は、1度行えばもうやる必要はありませんが、「危険物を納品する毎の申請」は納品の度に行う必要があるので覚えておきましょう。

 

危険物取り扱いリクエストをする。

危険物を納品したい場合は、事前に危険物を取り扱う意思表示をAmazonへする必要があります。

それが危険物取り扱いリクエストです。と言っても行うことは、とっても簡単です。

悟士
この危険物の出品は、大口出品者にのみ限られています。ご注意ください。

(1).こちらからリクエストページを開きます。

下の画面が表示されるので、必要な部分を記入しましょう。

  • 出品者トークン
  • Amazonでのあなたの店舗名
  • 質問への回答
  • 同意の意思表示

出品者トークンの確認方法は、リンク先を参考にしましょう。

全てを入力できたら、右下の矢印をクリックします。

これだけで、リクエスト完了です。

数日後に登録したメールにAmazonから以下のような返事がきていれば、OKです。

きちんと「危険物の納品許可設定が完了し、危険物商品の納品手続きを進めることができる」と明記されていますよね。

これで準備が整いました。

さぁ早速、危険物を実際に納品していきましょう。

 

危険物を納品する際の覚えておきたい注意点!

ここまでの準備はできたものの納品するには、もう何手間か必要です。

危険物のFBA納品にあたり、通常ルールに加えて、下記のルールを守る必要があります。

  • 輸送箱の側面に指定されたラベルを貼付する
  • 納品できるサイズは小型サイズと標準サイズのみ(大型は不可)
  • 通常商品との同梱はしない
  • 混合在庫での納品は不可
  • 引火性液体にあたる商品は、事前に申請が必要

どれもそんなに難しいことではありませんが、慣れるまでは煩わしさを感じると思います。

特に、下記3点について補足説明したいと思います。

指定されたラベルを貼付する

納品する際のダンボールなどの外側に分かるように下のラベルを貼り付けます。

注意
このラベルを貼らずに納品すると、重大な納品不備になるとAmazonがわざわざ言っているので、必ず貼るようにしましょう。納品不備が重なると、出品禁止などのペナルティが課せられますので、きちんとルールは守りましょう。

 

通常商品との同梱はしない

通常の商品とは納品プランを分けて作る必要があります。必然的に納品する際の輸送箱も分かれることになります。

納品プランを作成する際に通常商品と危険物が混ざっていれば、自動的に弾かれますけどね。

実例はこちらです。そのため誤って一緒に納品することはないと思います。でも勘違いして一緒に発送しないように十分に気をつけましょう。さもなければ、納品不備の厳重注意されると思われますので。

 

引火性液体にあたる商品の事前申請

危険物の中でも引火性液体にあたる商品は、事前に申請が必須となっています。そして在庫の上限数もあるので注意が必要です。

ちなみに、引火性液体とは、オイルライター、ネイルグッズ、香水、接着剤、印刷用インク、アロマオイルなどです。特に女性が使う化粧品などが該当することがあるので覚えておきましょう。

 

引火性液体の納品前の申請方法について

さて、上記で出てきた引火性液体をFBA納品する際は、納品前に申請を行う必要があります

その方法をご紹介しますね。はじめは少し煩わしいですが、そんなに難しいことではないのでご安心ください。

 

(1).事前申請リクエストフォームに必要事項を記入する

こちらの申請フォームに必要事項を記入して申請します。

○申請ページ(引火性液体 事前申請リクエストフォーム)
https://amazonjp.asia.qualtrics.com/jfe/form/SV_2bHMipWnZMHElcF

○申請フォーム(エクセルの資料)
http://s3.amazonaws.com/JP_AM/doc/FBA/FBA_Hazmat_Request_201710.xlsm
※申請フォームは改定する場合がありますのでご注意ください。

必要な記入事項は、以下の通りです。

  • 出品者トークンID
  • 店舗名
  • 申請内容(申請フォーム)
  • 商品名
  • ASIN
  • 直近30日間で販売個数(実績もしくは未販売のものは予測値)

実際のリクエストフォームは下の画像です。引火性液体事前申請フォームに必要事項を記入し、アップロード(ファイルの添付)します。

実際のフォームはこちらです。

ここでも出品者トークンID、店舗名を記入します。そして、納品する引火性液体の商品情報を記入します。

引火性液体の商品情報は、以下4点です。

  • 申請内容(新規取り扱いor既存枠数量変更)
  • ASIN
  • 商品名
  • 過去30日間の販売個数

入力に不備(未記入)があると画像の通り警告メッセージが表示されますが、記入事項に間違えがあっても指摘されないのでタイプミス(書き間違え)などには注意して、ダブルチェックするようにしましょう。

このフォームを記入できたら、リクエストフォームへアップロードします。

全ての記入事項を終えましたら、右下の「>>」をクリックします。

これで申請完了です。

あとは、Amazonから申請が受理された連絡がくればOKです♪

 

面倒だけどきちんと行う必要あり!それは安全のため!

「危険物、引火性液体の納品って、なんでこんなに面倒なんだー!」

って思っちゃいそうですが、Amazonの配送センターの安全を守るために必要なことなんです。

 

自宅に1本、2本の香水がある分には問題になりませんが、全国から納品された香水が大量にあることを想像すると、その危険性は容易に分かりますよね。

危険物の管理って、法律(消防法ってやつ)でかなり厳しく決められているんです。

間違いなくAmazonの方々は、僕らの申請よりもさらに煩わしいことをされているはずです。

配送センターで働くAmazonスタッフの安全ためにも、Amazonのこのシステムがこれからもずっと利用できるためにもしっかりルールは守っていきましょうね!

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回は、危険物をAmazonへFBA納品する方法についてご紹介しました。

質問やコメントあれば、遠慮なく連絡してくださいね。この記事にコメントしていただいてもいいし、ツイッターや問い合わせフォームからでもOKです。

 

このブログ以外にもメルマガを配信しています。

今回のような情報も配信しているので、よかったら登録お願いします。

メルマガの登録は、下のボタンよりお願いします!

どうぞよろしくお願いします。

 


只今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください