批判やクレームが怖いのでブログを書けない・アフィリエイトできないと立ち止まっているあなたへ

こんにちは。 今日も自分の時間を確保してますねっ!

少しずつ「お金を生むスキル」を習得し、あなたの思い描く未来へ一歩近づきましょう。

 

さて、ちょっと前からブログやメルマガの読者の方から、

こんな悩み?不安をいただきました。

それは、

ブログやアフィリエイトをするにあたりクレーム・批判が怖い

と言うものでした。

僕も、アフィリエイトを始める前は、なんとなくha

心配していましたが、始めてからは言うほど心配しなくなりました。

批判やクレームをコメントでもらわないわけではありませんが、

理にかなったクレームが少ないからです。

 

クレームや批判をくれる人には、

①正当な理由があって、こちらの非を指摘してくれる

②なんだか理解しがたい持論を振りかざし、”相手が思い込んでいる非”を指摘する

この2つの場合があります。

もちろん①に関しては、粛々と受け止めるべきです。

ただ②は、ねぇ。

と言うことで、そんな批判やクレームを心配しなくて済むように、

ブログを書く際、アフィリエイトをする際に、

どんなことに気をつければいいかお話ししていきますね。

クレームや批判の原因を考えてみよう

まずは、批判やクレームが発生する原因について理解しておきましょう。

批判やクレームは、受けないに越したことはありませんが、

仮に、すでにあなたが読者から批判やクレームを受けたとします。

さて、その原因はなんでしょうか?

難しく考えずにシンプルに考えていきましょう。

このとき、できる限り相手の立場になって考えることが大事ですね。

 

読者がクレームを言ってきたということは、相手は喜んでいるのでしょうか?

そんなわけありません。もちろん、怒っているに違いありません。

 

その人は、何に怒っているのでしょうか?

 

おそらく、あなたのブログにあった情報、もしくは、

あなたがアフィリエイトした商品について

怒っているのでしょう。

 

では、なぜでしょう?

 

おそらく、その情報や商品が、相手の想像していたものと違っていたに違いありません。

むしろ欲しくもないものを手にしてしまい、怒ってしまったのだと思います。

 

でも、なぜ相手はそんな情報や商品を買ってしまったのでしょうか?

 

ここに一番の原因があります。

おそらく、あなたのブログの内容やアフィリエイトの説明に何かしらの

相手に誤解を招く原因があったと思われます。

 

ブログを書く際、アフィリエイトをする際に、必ず注意しなくてはいけないことが

あなたの意図が、きちんと相手に伝わっているかを確認することです。

これは、現実社会のコミュニーケーションの中でも重要なことであり、

ネット上になっても、同じくとても大切なことです。

読者に誤解された原因は?

さて、読者のクレーム・批判の原因は分かったところで、

次にはっきりさせる必要があるのが、誤解させた原因です。

この原因が、多くのブロガーやアフィリエイターがやってしまう愚かな過ちでもあります。

 

それは、

【価値の無いものを、あたかも価値のあるもののようにして紹介する(売る)】

と行為です。

これほど愚かな行為はありません。

 

その理由は簡単ですよね。「お金を稼ぎたい」からです。

 

しかし、ここでアフィリエイトを取り組むにあたって、とても重要な心構えがあります。

それは、「相手に信頼してもらう」ことです。

これほど大事なことはないので、心にも、部屋の壁にも刻んでおいてください。
*本当に刻んだら、大家さんからクレームくるので、紙に書いて貼り付けましょう!

 

批判やクレームを貰わないための3か条

先ほどの内容を踏まえて、クレームや批判を貰わないために

次の3つを気をつけるようにしましょう。

  1. 価値がないものを、価値があるように見せて売ることはタブー
  2. きちんと価値のあるものを、必要とする人に売ることを徹底する
  3. そして何より、「嘘をつかないこと」

価値がないものを、価値があるように見せて売ることはタブー

これは、紛れもない詐欺行為です。

しかし残念なことに、こう言った類がアフィリエイトの言葉を使って、

横行しているのも明らかな事実です。

こんなことしていたら、誰の目にも何が起こるか明らかですよね。

クレームや批判で済めばいいですが、下手したら訴えられる可能性もゼロではありません。

そして、このような方法を使って取り組んでいても、先は長くないのも当然です。

また、このような行為は、正々堂々とアフィリエイトに取り組んでいる、

他の方にも迷惑をかけるので、絶対にやるべきではありません。

 

きちんと価値のあるものを、必要とする人に売ることを徹底する

仮にきちんと価値のあるものを紹介しているとしても、

相手を間違えてしまうと、クレームや批判につながることも知っておきましょう。

そもそも、普通なら「必要とする人にしか売れない」ものなんですが、

ある意味あなたの紹介文が、とても訴求力がある場合、読者は勘違いしてしまう場合もあります。

しかしながら、実際はその人には、全く必要のないものなので、読者が我に返った時に、

「こんな必要なものを売りつけるなんて、どうなってんだ!」

とお叱りを受けることにもなりかねません。

 

この場合は、100%あなたに非があるわけではありませんが、

あなたの意思を伝え損なっていることには違いありません。

 

できる限り、そのような事が無いように工夫すべきですね。

「嘘をつかないこと」

説明する必要がありませんね。

いくら頑張って紹介したいとしても、嘘はよくありません。

許され難き行為です。

もう一度言いますが、アフィリエイトでは、

「読者に信頼してもらう」

ことが重量です。

そのためには、時には馬鹿正直になる必要もあります。

その時ばかりは、損するかもしれませんが、長い目で見た場合に、

必ず価値あるものになるはずです。

自分を信じて、僕を信じて、読者といい関係を築いていきましょう。

番外編:同業者から批判もあり得る

実は、少ないとは思いますが、中にはアフィリエイトをしている人から

批判やクレームが入る場合があります。

その原因は、ブログ記事の転用・流用などのコピー行為についてです。

 

中には、完コピするほどのツワモノもいるとのことで驚きです。

 

このような事態を避けるために、引用を示すなど、

お互いのことを考えることを忘れないようにしましょう。

まとめ

こんな風に対策していても、クレームや批判がくる場合があります。

しかし、その大半は冒頭で紹介した、

②なんだか理解しがたい持論を振りかざし、”相手が思い込んでいる非”を指摘する

のタイプの批判やクレームです。

こんなのまで相手にしていたら、あなたの貴重な時間が勿体無いので、

こう言った類は、無視しましょう。

このタイプの人は、熱し易く冷め易いので、すぐに次のターゲットを

見つけていなくなります。

あとはゆっくり批判やクレームに慣れていくことで、あなた自身も成長しましょう。

 

 

ところで、最近読んでいる本でもアホみたいな突っかかりは無視しろ、と話していました。

頭に来てもアホとは戦うな!

興味があれば読んでみてはいかがでしょうか?

「社内の人間関係や争いや人間関係について」なかなか気持ちのいい切り口で

書かれていて面白いです。ネットの対人関係にも適用できるかもです。

 

余談になりますが、本を読む際に、今は「本を聴く」こともできます。

僕は、普段からラジオを聴くのが好きなんですが、

最近は、本を聴くことも多くなりました。

興味があればこちらからAudible (オーディブル) をどうぞ試してみてください。

今なら1ヶ月間無料体験実施中ですよ。*2018年3月25日まで


ただ今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!




自由な人生へグッ!と近づくこと間違いなし!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください