ブログの文章を書くのが苦手でも大丈夫?初心者でもできるので安心。

こんにちは。 今日も自分の時間を確保してますねっ!

少しずつ「お金を生むスキル」を習得し、あなたの思い描く未来へ一歩近づきましょう。

 

これからブログアフィリエイトを取り組もうとしているあなたも、

「ブログやってみたいけど、文章書くのが苦手なんだよな〜」

って不安がって、なかなか手を出せないなんてことないですか?

 

この気持ち、すごく分かります!

 

僕は、もともと文章を書くのが苦手でした。

学生の時も、根っからの理系で、国語も好きでなく、特に短文 ・長文記述は

苦手中の苦手でした。

 

でも、そんな僕でもブログを書けるようになりました。
(拙い文章ですが・・・)

それは、今回お話しする苦手意識を克服する5つのポイントを知ったからです。

 

もし、あなたが自分の文章に自信がないとしても大丈夫です。

僕も今でも自分の文章には、100%自信がありません。

でも、こうやって書きながら成長していることは実感しています。

とりあえずは、書き出すことが大事だと思います。

 

それでもダメだ、、、と思うあなたに今回のポイントをお話ししますね。

ぜひ、これを読んで、もっと気軽にブログを書けるようになってくださいね。

いきなり書こうとしない

さて、いざブログを書こうと、パソコンやスマフォの前に向かっても、手は動きません。

手が動かないのは、頭(脳)も動いていないからです。

プロのライターでも、何の準備もせず、いきなり文章をスラスラ書ける人は、ほぼいません。

みんながどうしているかと言うと、

書く前に、書きたい内容を整理しておくんです。

例えば、テーマを決めて、何を読者に伝えたいか、その要点をメモにまとめておくだけで

ずいぶんと文章を書くのが楽になります。

要は、

「書く時間」と「書く内容を考える時間」を別々にとるんです。

 

例えば、あなたが恋人に料理をしようと思った時、いきなり料理をし始めるでしょうか?

まずは、何を食べてもらいたいか決めますよね?

そして、冷蔵庫を確認し、足りない材料があれば買い物へ行きますよね。

 

ブログを書くのも、料理と似ています。

実際に取り組む時間と準備する時間を、別にとることで作業がとても楽に、効率的になります。

 

もし、あなたがパソコンの前に向かって、「うーん・・・」と固まってしまうようでしたら、

  • どんなテーマの記事を書きたいか
  • 伝えたいメインの内容はなにか
  • 結論として何を伝えたいか

を事前に考えておきましょう。

もしブログのテーマ(記事のネタ)が、どうしても思いつかないときは、こちらの記事が参考になります。

ブログネタの探し方を紹介!ちょっと視点を変えて見れば、あら不思議?世界はネタの宝庫♪

2018年1月20日

綺麗な言葉、難しい言葉を使おうとしない

文章を書くのが苦手な人、慣れていない人に多いのが、

きれいに書こうとしたり、難しい言葉を使おうと極端に気を遣いがちです

ブログに慣れていないと意外に思うかもしれませんが、実は、

難しい言葉を使わないほうが読みやすいですし、汚い文章のほうが個性的で、

飽きのこない文章になるんです。

 

おそらく、学校教育のせいだと思いますが、

「いい文章を書かないといけない!」と自分で自分を追い詰めていませんか?

多くの人が、文章の完成度をかなり高いところに設定してしまうことで、

「文章が書くの苦手なんです・・・」と悩んでいると思います。

 

ブログは、学校の試験でもなければ、誰かが添削するものでもありません。

文章を書くことに慣れるまでは、

難しく考えず、FacebookやLINEに書くつもりで文章を書いてみてください。

実際に、僕はFacebookを、2009年くらいの早い段階からやっていたこともあって、

文章を書くことには抵抗はありませんでした。

 

それくらい力が抜けた文章のほうが、読まれやすい文章になります。

みんなに好かれる文章を目指さない

「みんなに読まれたい、好かれる文章にしたい」と考えて文章を書く人が多いのが事実ですが、

それは全くの逆効果です。

 

みんなに好かれる文章を書こうとすると、多くのターゲットに向けて書くことになります。

すると、言いたいことが言えず、何を伝えたいのかが曖昧になってしまい、結局は、

つまらない文章で終わってしまう危険があります。

 

たとえあなたの文章が、人を集める目的だとしても、みんなに求められる必要はありません。

ターゲットにのみ伝われば十分です。

 

学生時代に、あなたは全校生徒と仲がよかったでしょうか?

それが不満でもなく、クラスに、とても仲の良い友達が数人いるだけで十分だったと思います。

逆に、全校生徒と仲の良い人は、なんだか浅い友人関係になっていたんじゃないかな。

 

とりあえずは、みんなではなく1人に好かれる文章を書ければ大成功です。

リラックスして取り組んで行きましょう。

ダラダラと長い文章にしない

これは、文章を書くテクニックで基本的なことです。

文章が長いと、読みにくくなってしまします。また、内容も伝わりづらくなります。

ダラダラと長い文章を書かず、スパッと文章を切ってしまいましょう。

すると、読者も余計な時間と労力をかけず、ブログを読むことができます。

このように読みやすい文章になれば、読者のリピート率もよくなるので、一石二鳥です。

書き終えたら、声にだして読んでみる

書き終えた時点で終わりではありません。

文章を書き終えたあとに、声にだして読んでみましょう!

そうすることで、「あれ違和感があるな」「このつながり変だな」と気づくところが必ず出てきます。

そこを修正しましょう。

また時間があるならば、書いた次の日にも見直すと、よりいい確認ができます。

これを繰り返すだけで、文章が大幅に改善され、まったく別物になります。

面倒臭くて、ほとんどの人がやっていませんが、効果絶大のかなりオススメな方法です。

まとめ

苦手意識を克服する5つのポイント
  • いきなり書こうとしない
  • 綺麗な言葉・難しい言葉を使おうとしない
  • みんなに好かれる文章を目指さない
  • ダラダラと長い文章にしない
  • 書き終えたら声にだして読んでみる

ブログの文章を書くことに苦手意識があるならば、まずはこの5つのポイントを

意識してみてください。

試しているうちに、あなたの気持ちよりも先に、あなたの文章が必ずよくなります。

そうなったら、以前書いた記事と見比べてみましょう!

あなた自身も、どのように良くなったか気づくことができ、自分に自身がでることでしょう。

はじめから上手にできる人はいませんので、もっともっと気楽にブログ記事を書いて行きましょう。


只今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください