WP構築方法:『カテゴリー』を使ってジャンルを分けることで100倍興味を持ってもらい易くなる!

ワードプレス構築方法について書いていきます。

しっかり作り込んで、読者に読んでもらいやすいサイトを作っていきましょう!

今回のテーマは、『カテゴリー』です!

カテゴリーを活用する理由

ブログを見てもらう人に、カテゴリーがあるとないでどう違うかイメージしてみましょう。

カテゴリーがない場合

トップページにある記事を見てもらうだけで、他にどんな記事があるか見つけにくいです。

カテゴリーがある場合

下の画像のように、興味があるカテゴリーがわかり易くなるので他の記事も読んでもらい易くなります。

参考例1:カテゴリの種類

参考例2:記事にも設定したカテゴリの名前が表示される

カテゴリを設置しよう

WPを立ち上げたら、以下のようなメイン画面に行きましょう。

上の画面から、赤丸で囲まれた「カテゴリー」をクリックする。

すると、上の画面の赤丸にある「編集」をクリックします。

すると、2つの項目を編集できるようになります。

  • 名前
  • スラッグ

「名前」は、その名の通り、カテゴリーの名前になります。

例えば、ここのサンプルでは、「お店情報」や「珈琲全般」、「珈琲基礎知識」などです。

「スラッグ」は、URL上に表示される箇所です。ここを工夫することでSEO対策にもなります。

設定が終わったら、下の「更新」をクリックしてください。

参考例3:カテゴリ名がURLに反映されている。

※URLにカテゴリのスラッグが表示されない

先ほどの画像のように、URLにカテゴリーのスラッグが表示されないあなたは、パーマリンクの初期設置をする必要があります。

パーマリンクの初期設定の仕方は、こちらの記事を参考にしてください。

おまけ:クイック編集

クイック編集を使えば、もしカテゴリーを変更したいときに便利です。

投稿一覧で、下の画像のように「クイック編集」とありますので、クリックしましょう。

するといくつかの項目が表示されます。

その中にカテゴリーも含まれるので、ここで変更することが可能です。

変更したら、右側の「更新」をクリックすればOK!

投稿一覧に戻ると、すでに「未分類」→「WordPress」に変更されています。

まとめ

この作業をすることで、自分の好きなカテゴリーを作成して、分けることができます。

カテゴリーをどんどん作って、読者の方に読んでもらいやすいブログにして行きましょう!

ただし、あまりカテゴリーを増やしすぎると、逆に分かりにくいものになってしまいますので注意が必要です!

 

 

 

 

 

 


只今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください