ブログ記事の書き方テンプレートを活用しよう!忙しくても効率よく時間を節約して記事を書く方法!

こんにちは。 今日も自分の時間を確保してますねっ!

貴重なあなたの時間を、さらに価値を高めるために、今回は「ブログ記事の書き方テンプレート」についてご紹介します。

 

毎回、ブログ記事を書く前に、

どんな書き出しにしよう?

なにを中心に書き進めようかな?

最後になにを書けばいいかな?

なんて、迷って時間を浪費していませんか?

そんなあなたにオススメなのが、「ブログ記事のテンプレート」を使うことです!

 

「テンプレート」とは、日本語で言えば「型」と言い換えられます。

ブログに限ったことではなく、型は僕らの世界には、多く存在していますよね。

例えば、

会社で使う報告書などの書類の型

取引先との電話で使うコミュニケーションの型

業務のプレゼンテーションの型

他では、空手などの武道やスポーツにも基本の型

が存在しますよね。

ブログ記事の書き方にも、同じように型となるテンプレートが存在するんですよ。

テンプレートを活用することで、毎回のブログ記事の更新を効率的にできるようになります。

最後に、読者の方限定に僕が作った、【ブログ記事のテンプレート集厳選10選】の特典についてもご案内しているので、ぜひ、最後まで読んでいってください。

テンプレートのメリット「ロケットスタート」

テンプレートを活用するメリットは、仕事で忙しくて時間のないあなたでも、ブログ記事を短時間で書けることです!

大げさな話、あらかじめ用意したテンプレートをコピペして、テーマに合った言葉で置き換えていけばいいんです。

しかし、これだけでなく、実際にPCに向かって記事を書き出すときに、さらにロケットスタートが切れるんです!

なせなら、記事のネタを考える際も、そのテンプレートの流れに合わせればいいんです。

要は、記事の内容を書く前から頭の中で整理することができるので、書き出すときに悩む時間がなくなるのです!

これを僕は、ロケットスタートと呼んでいます。

基本のテンプレート

早速、ブログ記事の書き方の一般的なテンプレートが、以下のイラストです。

この大きな3つの「導入部分」・「記事本文」・「まとめ」について具体的に説明していきます。

【導入部分】

タイトルと導入文

皆さんも経験があると思いますが、タイトルを見たときに興味があって見てみたけど、読み進めるうちに、違和感を覚えてしまうことないですか?

これは導入部分の記事タイトルと記事本文の内容が合っていない事で起こってしまいます。

こんな記事になってしまうと、読者は、違和感を覚えたところでページを閉じてしまいます。

そのためにも、タイトルと導入文では、その記事で何について書かれているのかを、簡単明瞭に伝えてあげましょう。

できれば、さらに読者の興味を魅く要素を入れてあげると事で、読者を自然と本文へ誘導できます。

「記事タイトル」にキーワードを入れる!

記事タイトルには、必ずキーワードを入れましょう!少なくとも2つ入れてください!

例えば、今回は、「ブログ記事」「テンプレート」「時間」がキーワードになります。

キーワードを使うべき理由は以下の3点です。

  1. 読者がどんな記事か分かりやすい
  2. 読者のターゲットを絞りやすい
  3. 検索結果に表示されやすい

キーワードを入れる事で、読者にとっても書き手のあなたにとってもメリットだらけなんです。

リサーチは必ず!

キーワードを入れるためには、あなたが書きたいネタがある程度決まった時点で、しっかりリサーチを行いましょう。

リサーチの目的は、以下の目的があります。

読者が知りたいことを明確にする

読者への伝え方を考える

他のブログの内容を確認し、差別化を図る

僕らがもっとも大事にすべきは、間違いなく読者です。

読者の需要をきちんと満たしているブログになっているかが、全てです。

リサーチは、決めたキーワードを使って、「実際に読者になりきって検索」してみましょう。

例えば、今回の場合は、

読者
ブログの記事をうまくかけないけないんだよな・・・仕事でも使うようなテンプレートないのかな?もしあれば、時間も節約できるし! ブログのテンプレート探してみよう!

と言った具合に、実際に読者が何を考え、どんな情報を求めているのかをしっかり考えながら、リサーチしてみましょう。

導入文で読者を惹きつける

導入部分では、記事の内容を伝えることも大事ですが、それと同時に、読者の興味を魅くことも重要な役割になります。

読者は、あなたの記事に惹かれて、期待して、本文へ読み進めます。

導入文で、読者へ質問をしたり、情報を与えたり、同意を求めたり、色々な方法を使って語りかけましょう。

何よりも、導入部分で、あなたの記事が、読者の需要を満たすことができることを伝えなければ、読者は本文へは進んでくれません!

 

今回の記事を例に挙げて見てみましょう。

冒頭部分で、僕はあなたにこんな質問をしました。

悟士

毎回、ブログ記事を書く前に迷って時間を浪費していませんか?

このように読者が抱いている悩みを突いて挙げることで、実際に悩んでいる人がいると、解決方法を知りたくなり、読みすすめてくれます。

もちろん、記事を読んだ後、どうなれるかも伝えてあげられると、より読者を本文へ誘導しやすくなるので覚えておきましょう!

悟士

テンプレートを活用することで、毎回のブログ記事の更新を効率的にできるようになります。

 

ですから、導入部分とタイトルでは、記事の内容と読者の興味づけを念頭に、書いてみましょう!

そうすれば、読者は、本文へ進んでくれることでしょう。

【記事本文】

本文で最重要なこと!

テンプレートについて話す以前に覚えておきたい、本文の最重要事項です!それは、

『本文で、読者の知りたいことに答えている!』

です。

そんなの当たり前だ!と思われそうですが、意外にもこれを守れていない記事もあるんですよ。

なぜなら、テンプレートにこだわり過ぎて、最も大事なことを見失ってしまうんです。

仕事でも、良くありますよね?こういうこと。

あくまでもテンプレートは、あなたの作業効率を上げるための見本でしかありません。

型を追いかけ過ぎて、大事なことを忘れないように注意しましょう。

これを念頭に置いた上で、どのように本文を構成すべきか見ていきましょう。

見出しと記事本文

見出しは、記事本文が長い場合にのみ設置します。

短い場合は、あえて見出しを使わなくても読み易ければ問題ないと思います。

また、見出しの長さは、長くなり過ぎないように気をつけましょう。

見出しは短めに。
見出しが長い文章になってしまうと、非常に見辛く分かりにくくなるので、キーワードを含んだ短いものにしましょう。

箇条書きで、キーワード!

見出しを設置する際に覚えておきたいことが、次の2点です。

  1. 箇条書きをイメージする
  2. 各見出しにキーワードを入れる

こうすることで、読者が読みやすい記事を作ることができます。

1.箇条書きをイメージする

箇条書きの形にする場合、大きく分けて2つのパターンがあります。

それは番号型とリスト型です。

番号型は、番号を振り付けて、「1:」「2:」「3:」のように順番に書いていく方法です。

番号型は、手順を説明したりするときに、順序に沿って読めるため、理解しやすいですね。

リスト型は、例えばリストのように番号を用いずに「1個目」「2個目」「3個目」と、ネタやアイデアを羅列(られつ)するときに使えます。

 

オススメの魔法の数字”3”

読者の知りたい情報や、質問への回答をするときも、あらかじめ内容を3つくらいに分けることをオススメします。

そうすることで、あなたも読者へ伝えることを整理しやすくなりますし、読者も何の話をしているか分かりやすいので、内容を受け取りやすくなります。

一般的に、人間の脳は、一度に4つ以上のものを、なかなか覚えられないそうです。これは覚えておくと、色々な場面でも使えますよ。

例えば、情報がいくつもある時も欲張らずに、本当に読者が知りたい3つに絞りましょう。その代わり、内容を充実させてあげた方が、読者の満足度には繋がると思います。

2.各見出しにキーワードを入れる

記事本文の見出しでも、きちんとキーワードを入れるようにしましょう。

これは導入部分の記事タイトルと同じ考え方です。

はじめは考えなければいけないことが多く感じて、煩わしいかもしれませんが、慣れれば記事を書くあなたにとっても、とてもやりやすく感じるはずです。

ですので、キーワードを見出しにも入れましょう。

 

僕の以前の記事で「アフィリエイトで紹介する3つのカタチとは?」があります。

この記事では、ブログアフィリエイトを始めるにあたり、アフィリエイトにはどんな種類があるのかを伝えています。

この記事の構成は以下の通りです。

この記事では、「アフィリエイト」と一言で言っても、いくつかの種類があることを読者に伝えることが目的です。

そのため、まずは、<1>なぜ違いがあるのかを説明しています。

その後、<2>アフィリエイトの3つの種類別の特徴を説明しています。

ここで、さらに小さな3つに分けているのもポイントです。

伝えたいことを大きな3つのパートに分け、さらにその中でも小さな3つのパートに分けることで、より理解しやすくしました。

大区分と小区分を使い分けて、より読みやすい構成を作ってみよう!

そして、<3>3つの種類の中でも、僕が読者へオススメするアフィリエイトを紹介しています。

 

気付いてもらいましたか?

本文の中だけでもストーリーがあることを。

なぜいくつもあるのか? → 種類の説明 →  オススメの種類

このようにストーリーを入れることもブログ記事には重要な要素です。これをストーリーテリング(Story Tellingと言います。

こちらについては、また別の機会にお話ししますね。

 

僕の過去記事からも分かる通り、テンプレートをあらかじめ用意しておき、内容に合わせて書き換えるようにしてみましょう。

慣れてきたら、他のテクニックを応用していくといいと思います。

 

【まとめ】

ここで記事を構成する3つの部分の役割を整理しておきましょう。

  1. 導入部分:読者をメイン内容へ誘導する
  2. 記事本文:記事のメイン内容を伝える
  3. まとめ:記事全体を振り返る

このまとめの部分は、最後に読者に振り返る時間を与えて、印象に残すことを目的としています。

また読者への行動を促す、とても重要な部分にもなります。

読者は、案外読み出しのところなど、途中もはっきり覚えていないことが多いです。

そのため、読み終わりに、

悟士
ですから、みなさん○○しましょう! そうすれば、〜〜できるようになります!!

のように行動を促したりすると、とても効果があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ブログ記事の書き方のテンプレートを準備することで、毎日のブログ記事をスムーズに書くことができそうですよね!

また、そのテンプレートをどのように作成すれば良いかも知っていもらえたかと思います。

ここで、ただいま悟士特性ブログ記事テンプレートを作成しております。

作成完了次第、この記事を更新しますので、ぜひ手に入れてください。

作成中のテンプレートでは、「導入部分」「記事部分」「まとめ」の内容を、テーマやあなたの伝える目的によった具体的な項目を入れたものになっております。

記事のネタが思い浮かばないという人も、逆にそのテンプレートから記事を書いてみることもできると思います。

ですから、みなさんも、ぜひテンプレートを使ってみましょう!

そうすれば、ブログ記事を書くのが、もっと楽しくなりますよ!

 

ちなみに、作成中のテンプレートが完了した連絡は、メルマガでも発信する予定です。

作成完了をすぐに確認したいというあなたは、ぜひ下のボタンから僕のメルマガに登録しておいてください。

 

他にもブログアフィリエイトだけじゃなくて、「ながら」で稼いで人生を変える方法なども配信中です。

ぜひメルマガに登録してみてください。

そうすれば、新鮮な情報や、役に立つツールを手に入れることができますよ。

メルマガの登録は、下のボタンよりお願いします!

 


只今、激推しの再現性抜群の新せどり手法!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください